【きょうの 鉄道】 埼玉高速鉄道

きょうは 埼玉高速鉄道を とりあげる。


って いっても しらん ひとが おおいだらあ。それも その はず、地下に もぐって はしる 鉄道で、赤羽岩淵 (あかばねいわぶち)を 起点に、東北本線伊勢崎線の あいだの 鉄道 空白 地帯を 北上して、浦和美園 (うらわみその)に いたる 全長 14.6kmの 路線だ。







埼玉高速鉄道 路線図 (あきひこ) 537-619
埼玉高速鉄道 路線図 (あきひこ)

終点の 浦和美園は サッカーの 国際 大会を よく やる、埼玉スタジアムの もより 駅って ことで 有名だけど、起点の 赤羽岩淵は 東北本線の 赤羽駅と くっついとる わけでも なく、かげが うすい。てか、赤羽岩淵は 東京メトロ 南北線の 終点で あり、その 延長線が 埼玉高速鉄道って かんがえた ほうが あたっとる。







埼玉高速鉄道 東京メトロ 南北線 路線図 (あきひこ) 371-615
埼玉高速鉄道 東京メトロ 南北線 路線図 (あきひこ)

埼玉高速鉄道の 利用者の おおくは、飯田橋、永田町、六本木一丁目、麻布十番って いう 都心まで いく。



埼玉高速鉄道 データ

  • 路線=赤羽岩淵−浦和美園間 狭軌 14.6km
    (だいたい 名鉄 西尾線安城−西尾間 15.0kmに 相当する)
  • 形態=地下 鉄道 (浦和美園 付近だけ 地上に でとる)
  • 運行 本数=ひるま 1時間 5本
  • 料金=全線 460円
    (新安城−西尾間 390円より たかい)
  • 所要 時間、表定 速度=全線 20分、43.8km/h



埼玉高速鉄道から 東京メトロ 南北線への のりいれ データ

  • 路線=浦和美園−目黒間 狭軌 35.9km
  • 料金=全線 730円
    埼玉高速鉄道 全線 460円 + 東京メトロ 南北線 全線 270円)
    (のりつぎ わりびき なし)
  • 所要 時間、表定 速度=浦和美園−目黒間 63分、34.2km/h


いい とこ、わるい とこを あげて みると つぎの とおりだ。


(いい とこ)



都心 直結

飯田橋、永田町、六本木一丁目、麻布十番って いう 都心に、のりかえ なしで いける。



(わるい とこ)



スピードが おそい こと

狭軌、地下 鉄道って いう 悪条件が かさなって、スピードが おそい。

赤羽岩淵−浦和美園間で 43.8km/h、さらに、南北線 区間との とおしでは 34.2km/hって いう おそさだ。

最近に できた 鉄道だで まっと はやく はしらせれた はずだ。



料金が たかい こと

地下鉄 区間よりも みじかいのに、料金は 埼玉高速鉄道 区間の ほうが たかい。

だいたい 東京の 鉄道ってのは やすいのが 特徴なのに、名鉄の 支線で ある 西尾線よりも たかく なっとる。


ところで、この 鉄道が さらに きたに 路線を のばさあって いう 構想が ある。さいしょの 地図にも ももいろの 線で かいて ある とおり、東武 野田線の 岩槻 (いわつき)を とおって、東北本線の 蓮田 (はすだ)まで のばさあって ことらしいけど、あらたな 設備 投資が ただでさえ たかい 料金を まっと たかく しちゃうじゃんかって いう 心配も ある みたいだ。


岩槻は 旧 岩槻市の 中心駅で、埼玉高速鉄道の 延伸が さいたま市との 合併の 条件にも なっとったらしい。埼玉スタジアムに いくにも いまの 浦和美園より まっと ちかい とこに 駅が つくれる。また、浦和美園−高槻−蓮田って いう ルートが かつての 武州鉄道の 路線とも かさなる ことで、その 復活を 期待する こえも ある。


なんとか 資金の 問題を クリアして、当初 予定の 2012年度 事業 着手と いって ほしいな。




(さんこう)



(ついか)