いきを のむ ほどの うつくしさ 〜10月 30日、新安城で〜

こないだ 10月 30日は 岡崎の りぶらで 「西尾鉄道と岡崎」展を みて、あわせて 記念 講演会 「岡崎と西尾を結んだ小さな鉄道」を きいて きただけど、自宅の もよりえき 碧海古井 (へっかいふるい)から 岡崎公園前 (おかざきこうえんまえ)までの 名鉄 電車での 往復の ようすを 紹介する。



碧海古井 9時 25分 発の あがり 新安城 いきに のりおくれる。

改札を はいると、すぐに さがり 吉良吉田 (きらよしだ) いき 急行が とおりすぎて いく。

しばらく して、こんどは あがり 佐屋 (さや) いき 急行が、えらい いきおいで とおりすぎて いく。

111030 9:43 碧海古井を とおりすぎて いく 佐屋 いき 急行
111030 9:43 碧海古井を とおりすぎて いく 佐屋 いき 急行

佐屋 いき 急行と 南安城 (みなみあんじょう)で すれちがった、西尾 いき ふつう 4両が 碧海古井に 停車して いく。

111030 9:45 碧海古井の 西尾 いき ふつう 111030 9:47 碧海古井の 西尾 いき ふつう
111030 9:45、9:47 碧海古井の 西尾 いき ふつう

のりおくれた 電車を ふくめて 4本の 電車を みおくった あと、30分 あとの あがり 新安城 いき ふつうに のる。名鉄 西尾線は 1時間に ふつう 2本、急行 2本の 運行が あり、あがり さがり あわせると 1時間に 8本で、30分の あいだには あがり さがり あわせて 4本の 電車が くるって いう わけだ。

111030 9:50 碧海古井 土休 あがり 方面 時刻表 111030 9:56 碧海古井に きた 新安城 いき ふつう
ひだり=111030 9:50 碧海古井 土休 あがり 方面 時刻表
111030 9:56 碧海古井に きた 新安城 いき ふつう=みぎ

碧海古井を 定刻の 9時 55分から ちょこっと おくれて 出発。

安城では また 吉良吉田 いき 急行と すれちがう。

111030 9:57 碧海古井−南安城間 111030 9:59 まあじき 南安城
ひだり=111030 9:57 碧海古井−南安城
111030 9:59 まあじき 南安城=みぎ

10時 2分、新安城に 到着。地下 通路を とおって 西尾線 ホームから 名古屋本線 さがり ホームに うつり、10時 5分 発の 東岡崎 (ひがしおかざき) いき ふつうに のりかえる。とびのった 最後尾の 車両から いつもの 先頭車に 陣どらあと したら、連結 編成の ため 途中で いきどまり。

矢作川 (やはぎがわ) きょうりょうを わたった すぐの 岡崎公園前に 10時 13分、到着。

111030 10:13 矢作橋 きょうりょう
111030 10:13 矢作川 きょうりょう

りぶらへは まちバスで 往復し、また 岡崎公園前に もどって くる。

線路と ホームは もりどの うえに あり、地平の 改札から つながる トンネルを とおって ホームに でる。駅舎には 自販機 コーナーや 喫茶店が くっついとって 雑然と しとる。

111030 15:41 岡崎公園前
111030 15:41 岡崎公園前

東岡崎から きた 神宮前 (じんぐうまえ) いき ふつうが、岡崎公園前を 15時 44分に 出発。

矢作川 きょうりょうを わたった ところで、パノラマスーパーと すれちがう。

111030 15:45 矢作橋 てまえで パノラマスーパーと すれちがい
111030 15:45 矢作橋 てまえで パノラマスーパーと すれちがい

矢作橋 (やはぎばし)、宇頭 (うとう)と 停車し、定刻の 15時 52分から ちょっと おくれて、のりかえの 新安城に 到着。

111030 15:49 宇頭 111030 15:53 新安城
111030 15:49 宇頭 ←|→ 111030 15:53 新安城

のって きた ふつう 電車は この あと 16時まで ここに 停車し、特急や 急行に ぬかれるのを まつ。

おれは 自動 改札用の こ線橋を わたって 西尾線に のりかえて うちに かえって いっただけど、あかい 電車が さがり ホームに はいって くる さまは、いきを のむ ほどの うつくしさだった。

111030 15:58 新安城に はいって くる さがり ふつう
111030 15:58 新安城に はいって くる さがり ふつう