読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複雑な市街地線のルートだった

おとつい2014年9月28日にちようび、安城市歴史博物館のかえりにあんくるバス市街地線バスにのった。とりあえず安城更生病院までいって、ほっから桜井線にのりかえて古井のわがやにかえやいいやっておもっただけどね。

のったのは歴史博物館14時19分発の市街地線第5便。南安城駅にいくまでは予想どおり。南安城駅をでるときに、運転士さんが「JR安城駅にはいかんけどいいかん!」って乗客のみんなにたしかめとったのがふにおちんかっただけど、「安城更生病院にはいくだら!」ってきいたら「いく!」ってことだって、ほのままのることに。つぎのバス停は安祥福祉センター。これも予想どおりだったけど、こっからだ。なんと、つぎは古井駅だった。さきに安城更生病院にいって、ほのあとJR安城駅にいくだっただ。古井駅にいくのは、安祥福祉センターから安城更生病院にいくついでってかんじだ。

あんくるバス市街地線路線図 - 2014.9.30まで
△ あんくるバス市街地線路線図 - 2014.9.30まで

ちなみに、この経路は1日7便ある市街地線バスのうちの第2便から第6便までで、第1便と第7便は「南安城駅のつぎはさきにJR安城駅にいって、あとで安城更生病院にいく」っていう経路になる。なんちゅう複雑さだ。じつはまえにもこの経路で古井駅から昭林公園までのったことがあっただけど、こんかいちがうとこからのってみて、あらためて「あっこからきたバスがこっちにくる」ってことが、からだでわかった。


(さんこう)