読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸新幹線金沢開業は2015年3月じゅうよっか

新幹線

まあはいふたつきもまえの発表で、かいぎょうびもみ~んなしっとることになっちゃっただけど、あらためて北陸新幹線金沢開業の記事をみとく。

【鉄道コムの記事から】

  • 発表
    JR東日本JR西日本は2014年8月27日、北陸新幹線の長野~金沢間を2015年3月じゅうよっかどようびに開業させるって発表した。あわせて、開業后の新幹線と在来線の運行計画をあきらかにした。
  • 列車種別ごとの運行本数
    東京~長野間の運行本数は、現在の新幹線よりも5わりほどふえ、富山~金沢間の運行本数は、現在の在来線特急列車とほぼ同程度となる。あさまやかがやきは列車によって停車駅がことなり、東海道新幹線山陽新幹線のこだまのような、全列車が各駅に停車する各駅停車タイプはもうけん。
    • 北陸新幹線は、速達タイプのかがやきを東京~金沢間で1日10往復し、最短2時間28分、東京~富山間は最短2時間8分でむすぶ。途中停車駅は、上野(※ 一部通過)、大宮、長野、富山の各駅で、群馬県新潟県のえきには停車せん。
    • 停車タイプとしてはくたか1日15往復設定。うち14往復が東京~金沢間、1往復が長野~金沢間を運行する。熊谷(くまがや)と本庄早稲田(ほんじょうわせだ)には停車せん。
    • シャトルタイプとしてつるぎを富山~金沢間で1日18往復、1時間あたり1本運転する。
    • 長野新幹線タイプのあさまは東京~長野間で1日16往復する。
  • 車両
    使用する車両は、現在運用中のE7系のほか、JR西日本所属のW7系を投入。あさまの一部には8両編成のE2系をひきつづき運用する。
  • 在来線特急の再編
    北陸新幹線の長野~金沢間開業にともない、JR東日本JR西日本北陸線信越線などをはしる特急列車を再編する。越後湯沢~金沢間などの「はくたか」と新潟~金沢間の「北越」は廃止し、あらたに新潟~上越妙高・新井間で1日5往復するしらゆきを新設する。しらゆきは常磐線の特急車両E653系をリニューアルし、E653系1100番台として投入する。外観はアイボリーホワイトを基調に、紫紺のおびとしゅいろの線を配したデザインに。えちごトキめき鉄道を経由する特急として、4両編成4本を導入する。このほか、1日5往復で和倉温泉~金沢間の特急を、1日3往復で金沢~福井間の特急を新設するほか、快速列車も運転区間を再編する。
  • 三セク3社の発足
    JRから経営分離される並行在来線も2015年3月じゅうよっかに開業する。このひ、しなの鉄道北しなの線、えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン日本海ひすいライン、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線が営業を開始する。
(ねたもと)
かいぎょうびと運行計画が決定、北陸新幹線 - 鉄道コム|2014年8月28日(木)18時42分

◇            ◇

う~ん、東京-金沢間454.0キロを最速で2時間28分か。表定速度は時速184.1キロ。破壊力満点だ。


(さんこう)