読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかのホームロープ - 六甲道

まさかホームロープが実用化になるとはおもわんかったよ。こんかい設置されたのはJR神戸線六甲道駅(ろっこうみちえき)。JRゆめ咲線桜島駅(さくらじまえき)についで2かしょめだ。

六甲道のホームロープ(あさひ)
△ 六甲道のホームロープ(あさひ)

【あさひのきじから】

  • 上下するロープで線路への転落などをふせぐしんがたホームドアの試行運用が、JR神戸線六甲道駅で2014年12月13日からはじまっとる。このえきでは3枚とびらの快速と4枚とびらのふつうが発着するけど、どちらにも対応できる。らいねん2015年3月まで試験し、順調なら乗降がおおいほかのえきにもひろげるっていう。
  • 従来のホームドアは乗降車ぐちでよこにスライドする方式。JR西日本在来線では、4枚とびら電車の東西線の北新地と大阪天満宮の2駅にある。しかし京都線阪和線などおおくのえきでは3枚とびらと4枚とびらの車両が混在するため、JR西日本はとびらの位置がちがっとっても対応できる独自のロープ昇降式ホームドアを開発。きょねん2013年12月から、ゆめ咲線桜島駅で試験運用したうえで改良した。
  • あらたなホームドアは、車両が停車しとる範囲のステンレス製ロープが2メートルのたかさまであがり、きゃくを乗降させる。みじかい編成にもセンサーで対応し、車両がないばしょではロープがあがらん。
(ねたもと)
ロープ式で転落防止 - JR六甲道駅にしんがたホームドア:朝日新聞デジタル(柳谷政人さん)|2014年12月16日16時19分

◇            ◇

う~ん、うつくしくない。そもそも、ふつうのえきにホームドアなんかいらんだて。鉄道の事故でなくなるひとなんか、クルマの事故でなくなるひとのかずにくらべたらどんだけすくないことか。まいとしクルマの事故で4千人以上のひとがなくなりつづけとるってことに、鈍感すぎやへんか。こんなもんつくるなら、うちのまえの県道にホームドアつけてくれよ。安心して歩道があるけるようになるに。


(さんこう)