読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神本線の神戸地震からの復旧 - 6月26日

輸送障害 阪神

いまから20年まえの1995年1月17日に発生した神戸地震阪急神戸線が全線復旧したのがおんなじとしの6月12日だったのにたいして、阪神本線が全線復旧したのは、ほっから2週間おくれの6月26日だった。

阪神本線 - 復旧路線図 - 1995年神戸地震 (あきひこ)
△ 阪神本線 - 復旧路線図 - 1995年神戸地震 (あきひこ)

阪神本線の復旧状況(ヰキペディアから)

  • 1995年1月17日、神戸地震発生。阪神本線梅田-元町間の全線32.1キロで運行休止となる。
  • 1月18日、梅田-甲子園間で運行再開。
  • 1月26日、甲子園-青木(おおぎ)間で運行再開。
  • 2月ついたち、三宮-元町間で運行再開。(運転区間は高速神戸まで)。
  • 2月11日、青木(おおぎ)-御影(みかげ)間で運行再開。
  • 2月はつか、岩屋-三宮間で運行再開。
  • 3月ついたち、西灘-岩屋間で運行再開。
  • 6月26日、御影(みかげ)-西灘間が復旧し、阪神本線全線で運行再開。

◇            ◇

とりわけ被害がおおきかったのが御影(みかげ)から西灘(にしなだ)まで3.1キロの高架区間で、ほかが3月ついたちまでに運行を再開したのにこの区間だけはほっからさらに4か月ほどあとの6月26日になる。8か所で高架がおち、石屋川車庫(いしやがわしゃこ)も崩落したっていう。復旧の苦労がしのばれる。

阪神電車の被害状況写真 - 新在家-大石間(神戸新聞)
△ 阪神電車の被害状況写真 - 新在家-大石間(神戸新聞)

ちなみにJR神戸線の全線復旧は4月ついたちと、新年度にまにあっとる。


(さんこう)