読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず羽田と成田だ - 2020年東京オリンピックにむけて

飛行機

先週のきんようび、2015年2月13日、交通政策基本計画ってのが閣議決定された。こういう計画をつくること自体がはじめてだげなけど、ほんなかで首都圏空港である羽田空港と成田空港にちからをいれることがうたわれた。目標年次はもちろん2020年の東京オリンピックで、ほのときまでに発着わくを1わりふやすっていう。

首都圏空港(羽田、成田)の空港処理能力の増加について(国土交通省)
△ 首都圏空港(羽田、成田)の空港処理能力の増加について(国土交通省)

いまセントレアは年間着陸回数で4万5千回、発着回数はほの倍の9万回なのにたいして、首都圏空港の発着回数は羽田の44万7千回と成田の30万回をあわせた74万7千回。じつにセントレアの8倍もあるだけど、これをさらに1わりふやして年間82万6千回にまでふやさあっていうだ。

羽田と成田の発着わくの増大(国土交通省航空局)
△ 羽田と成田の発着わくの増大(国土交通省航空局)

まあ、オリンピックだでしょうがないか。セントレアに2本めの滑走路ができたりするのは、ほのあとだね。


(さんこう)