読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信楽高原鉄道が車両1両を更新 - 路線投入は2015年あきから

信楽高原鉄道

きょねん2014年、1年1か月ぶりの運行再開にこぎつけた信楽高原鉄道。ことし2015年、4両保有する車両のうち1両を更新するげな。あたらしい車両の投入は2015年あきごろになるとのこと。

信楽高原鉄道の現行車両=4両

  • SKR200がた気動車=1両
    • 205:1992年7月投入
  • SKR300がた気動車=1両
    • 301:1995年11月投入 ⇒ 2015年あき、しんがた車両に交代!
  • SKR310がた気動車=2両
    • 311:2001年11月投入
    • 312:2002年9月投入

あたらしい車両の投入

  • 2015年2月19日に発表した2014年度補正予算案に購入費用などをもりこんだ。
  • 2015年あきごろの路線投入をめざし、外装のデザインを公募する方針。
  • 1995年に投入された1両について、駆動機器のふぐあいがふえるなど老朽化がすすんだのにくわえ、定期点検の時期をむかえたため、信楽高原鉄道をてがける甲賀市(こうかし)が更新をきめ、あたらしい車両の製造を発注することにした。
  • あたらしい車両は全長18メートル、はば2.8メートル。現行車両より2.5メートルながく、乗車定員は100人から120人にふえる。
  • 購入費用は1億8千万円。
  • 甲賀市は、車両購入にくわえ、まくらぎの整備などもあわせて信楽高原鉄道に関する事業費2億円を補正予算案に計上。このうち、3分の2についてはくにや滋賀県の補助がみこめるとしとる。

(さんこう)