読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かしきり新幹線っていうてがあるのか - 善光寺ご開帳で

新幹線のなかでおぼうさんのはなしをききながら、善光寺の7年に1度のご開帳にいくツアーがうりだされただげな。

(あさひのきじから)

  • 7年に1度の「前立本尊御開帳(まえだちほんぞんごかいちょう)」がある長野市善光寺に、かしきり新幹線で僧侶のはなしをききながらむかうツアーを日本旅行がうりだした。
    善光寺に奉納される回向柱(あさひ)
    △ 善光寺に奉納される回向柱(あさひ)
  • 2015年5月16日に東京駅を出発する新幹線に、善光寺の参拝客をもてなす宿坊「淵之坊」の住職がいっしょにのってご開帳にまつわるはなしをする。
  • 現地ではてら公認の案内人がガイドする。
  • 1泊ふつかで1万8,200円から。といあわせは東京予約センターえ。でんわは03-3614-3011。
(ねたもと)
善光寺へかしきり新幹線で - 7年に1度の「ご開帳」:朝日新聞デジタル|2015年3月2日14時34分

◇            ◇

こないだは南海のなんばえきで高野山のおぼうさんのコンサートがあったとこだけど、こんどは新幹線のなかでおぼうさんの法話だ。仏教界もがんばっとるね。


(さんこう)