読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JR西日本の漫遊列車のなまえは瑞風(みずかぜ)

JR西日本

JR九州ななつ星JR東日本は四季島、ほんでJR西日本は瑞風にきまった。

JR西日本の瑞風(みずかぜ)

はしりはじめるのはいまから2年あとの2017年はる。


(さんこう)

JR西の豪華寝台列車は「瑞風」 - 菊乃井の村田氏ら料理監修:京都新聞|2015年02月19日 19時03分

  • JR西日本は、2017年はるににしにほんを周遊するルートで運行をはじめる豪華寝台列車の名称を「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」にきめ、2015年2月19日に発表した。車内で提供する料理は、京都市東山区の料亭「菊乃井」主人の村田吉弘氏らふたりが監修する。
  • 名称は、いなほがゆたかにみのる「瑞穂(みずほ)のくに」を、かぜのようにかけぬけるすがたを表現したっていう。大阪と札幌をむすび、この2015年はるにすがたをけす寝台特急トワイライトエクスプレス」のなまえもひきついだ。
  • 料理は、沿線の食材をいかし、トワイライトエクスプレスと同様に車内で調理してふるまう。大阪市内で記者会見した真鍋精志社長は「地域の食や特産品なども発信できる列車にそだってほしい」ってはなした。

豪華寝台列車:名称は「瑞風」に - トワイライトの伝統継承 - 毎日新聞(木村健二さん)|2015年02月19日

伝統の名称を継承…新豪華寝台特急の名称は「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」 - 産経WEST|2015.2.19 17:47

  • トワイライトエクスプレスの伝統をうけつぎ、車体もおんなじふかいみどりいろを基調としたデザインを継承。
  • 瑞風は10両編成のうち6両が客室で、定員は30人ほど。2017年はるの運行開始をめざして開発がすすめられとる。食事やさけがたのしめるラウンジカーや食堂車を連結するほか、先頭車両にはオープンエアの展望デッキをもうける。JR西日本の真鍋精志社長は2015年2月19日、「展望台でそとにでてかぜをかんじてもらえる列車」って評した。
  • 食事はフードコラムニストの門上武司氏がプロデュース。一部の食事は、和食を国内外にひろめるために尽力した京都市のしにせ料亭「菊乃井」主人、村田吉弘氏と「世界を代表する100人のシェフ」にもえらばれたレストラン「HAJIME」のオーナーシェフ、米田肇氏が担当する。
  • 瑞風のコンセプトは「うつくしいにほんをホテルがはしる」。最上級の客室には、世界でもめずしいバスルームやプライベートバルコニーも導入する。
  • トワイライトエクスプレスは「はしる豪華ホテル」ってよばれ人気を博し、運行開始から25年間で110万人が利用したけど、車両老朽化などのため2015年3月じゅうよっかのダイヤ改正で廃止される。

豪華寝台列車の名称を決定、JR西 - 鉄道コム|2015年2月19日(木)17時57分

  • JR西日本は、「瑞風」の車内で提供する料理の監修者もこんかいあきらかにした。車内で調理するトワイライトエクスプレスの伝統をひきつぎつつ、あさ、ひる、よるの食事を提供するっていう。
  • 瑞風は、客室車が6両、食堂車とラウンジカーが1両づつ、展望スペースつき先頭車が2両のあわせて10両で運転。車両外観は、みどりいろを基調とする。京阪神と山陰、山陽エリアを周遊する列車として運転し、電化、非電化の両区間で運転できるよう、ハイブリッド方式の動力を採用する。運行開始時期は、2017年はるを予定しとる。

TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE

  • 2017年はる、うつくしいにほんをホテルがはしる。
    ~上質さのなかになつかしさを~
  • 京都や松江、出雲、宮島などのゆたかな歴史、文化。にほんかいや大山、瀬戸内海の多島美などのうつくしい自然。にしにほんには、にほんの原風景ともよべるばしょがたくさんあります。洗練されたホテルのような上質さとこころやすまるなつかしさをかんじる車内で、ながれゆくけしきをながめながらこのくにのすばらしさを再発見していただく。TWILIGHT EXPRESS 瑞風は、ここでしかあじわえんとくべつな鉄道のたびをご提供いたします。