読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒天列車

明知鉄道をこんな列車がはしっとる。

寒天列車(岐阜新聞)250-210
寒天列車(岐阜新聞)

料理をたのしみながらいく列車だけど、おねえさんが四角いつつからおしだしとるのはところてんだ。このほか寒天をつかった料理を中心に19ものしながあって、列車のなも寒天列車っていうだげな。なんでも明知鉄道沿線の山岡ってとこが寒天の産地らしく、このような列車をはしらせとるらしい。

岐阜新聞の記事から

  • 観光関係者、寒天などにしたつづみ
    明知鉄道は2015年4月ついたちから2015年9月30日まで食堂車の「寒天列車」と「おばあちゃんのおはなみ弁当列車」を運行する。2015年3月26日には試食列車をはしらせ、観光関係者らが特産料理にしたつづみをうった。
  • 食堂車は季節ごとに運行し、四季おりおりのぢもと料理を提供。寒天列車は3段じゅうばこの弁当で、ところてんをてんづつでつきだす。まきずしやあえもの、サラダなどに寒天がふんだんにつかわれ、寒天ジュースもついてぜんぶで19しな。おはなみ弁当ははなやかなちらしずしのほか、ふきのとうのてんぷらやにものなどがはいる。
  • 恵那駅から終点の明智駅まではしり、フリーきっぷつきで帰路は沿線の観光地にたちよることができる。
  • 両列車とも乗車には1週間まえまでに予約が必要。げつようびは運休。料金は寒天列車5,000円、おはなみ弁当列車2,400円。
(ねたもと)
「グルメ列車」発車オーライ - 明知鉄道、来月運行控え試走 - 岐阜新聞 Web|2015年03月27日 11:19

あさひの記事から

  • 三セク明知鉄道のはるの「グルメ食堂車」が2015年4月ついたちから運行する。よびものはぢもと産の寒天をつかったヘルシー料理だ。
  • 山岡駅に併設した観光施設「かんてんかん」が調理し、サラダ、中華あえ、すしなど19もの寒天料理が3段のじゅうばこのこざらにいっぱい。すしは米飯のかわりにほそ寒天がつかわれ、具材とともにのりでまかれとる。「寒天列車」は1987年からはじまり、昨年は過去最多の1,562人がのった。
  • 予約により、かようびからにちようびのまいにち1便、恵那駅12時40分発。復路のりおり自由の往復きっぷこみで寒天列車は5千円。予約は1週間まえまでに明知鉄道え。でんわ 0573-54-4101。
(ねたもと)
岐阜)春のあじわい「寒天列車」 - じゅうばこに寒天つかったすしも:朝日新聞デジタル|2015年3月31日03時00分

◇            ◇

う~ん、とくべつ寒天ずきってわけじゃないけど、なんだかきになる列車だ。

寒天列車(あさひ)480-630 寒天列車(あさひ)600-580
寒天列車(あさひ) (ひだり) (みぎ)