読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名鉄バス岡崎あんじょう線

バス路線のなまえってのはわかりにくい。しんあんじょうからあんじょうえきまえをとおって更生病院にいくバス路線にあんじょう線っていうなまえがついとることは、いつもつかっとるひとでもしらんひとがおおいじゃないかな。ところで、じつはあんじょう市内にはこのあんじょう線のほか、名鉄のバス路線としては岡崎あんじょう線ってのがあるだけど、こないだ機会があってのってきた。あんじょう線からのりついでのってきただけど、あわせてほのようすを紹介する。

20150624_090340 岡崎公園前 - 名鉄バス

◇            ◇

しゅっぱつは更生病院。あさの通勤時間帯も最終盤、あんくるバスの南部線バス、ひだりまわり循環線バスにつづいてバスのりばにやってきた名鉄バスにのる。あんじょう線のバスだ。

20150624_080435 更生病院 - 名鉄バス

あんじょう線バスは、モアイ交差点からまっすぐえきまえどおりをいく。

20150624_081024 名鉄バス - 大山北 20150624_081631 名鉄バス - 末広町北交差点

あんじょうえきまえにとうちゃく。バスをおりる。

20150624_081807 名鉄バス - あんじょうえきまえ 20150624_081925 あんじょうえきまえ - 名鉄バス

こんどははんたいがわのバスのりばにいって、岡崎あんじょう線バスをまつ。

20150624_083337 あんじょうえきまえ - 名鉄バス

じきにやってきたバスにのったのはおれひとりで、定刻にあんじょうえきまえをしゅっぱつ。いや~、こいじゃあ本数がへるのもしょうがないか。むかしは1時間に2本あったものがいまじゃ1時間に1本しかないだ。まあ、ほいでもあんくるバスよりは高頻度だ。

20150624_083510 名鉄バス - あんじょうえきまえ

朝日町(あさひまち)を通過。じつはあんくるバス安祥線の副経路もここをとおっとるだけど、バス停をおいてないのはふしぎだ。名鉄西尾線をくぐったとこでつぎの松井整形前(まついせいけいまえ)となり、ひとりのってくる。こちらは安祥線の副経路もバス停をおいとる。乗客ふたりとなったバスはJR東海道線をきたにわたって、東新田(ひがししんでん)、唐津(からつ)とすすみ、つぎの大岡(おおおか)でさっき松井整形前でのってきたおんなのひとがおりる。またひとりぼっちだ。しかし、このみじかい区間で利用者がおるってのはいいことだ。バスはのりおりがひんぱんにあってこそ、つかわれとるっていえる。高木町(たかぎちょう)、別郷(べつごう)、東別郷(ひがしべつごう)とすぎ、岡崎にはいる。本郷(ほんごう)のつぎ、北本郷(きたほんごう)で3人のってきて、いっきに車内がはなやぐ。ところで、バスは東新田からいっぽんみちでひがしにすすんできただけど、この道路をあんじょう街道っていう。要は岡崎のひとが主人公のことばで、このみちをいくとあんじょうにいけるよっていう意味だ。

20150624_084242 名鉄バス - 大岡 20150624_084726 名鉄バス - 北本郷

北本郷(きたほんごう)をすぎるとじきに名鉄本線をきたにわたり、バスは国道1号線にあたり、これをみぎにまがる。

20150624_084924 名鉄バス - 名古屋本線ふみきり
20150624_085034 名鉄バス - 1号線にでるとこ

矢作口(やはぎぐち)、矢作(やはぎ)のつぎの矢作学校前(やはぎがっこうまえ)でふたりおりて、のこるもふたり。つぎの矢作橋(やはぎばし)でひとりのってきて、乗客3人となる。矢作のつくバス停ばっかりだけど、このあたりの地区名であり、わがあんじょうとおなじく碧海郡(へっかいぐん)に属す。岡崎は中心部をふくめて大部分が額田郡(ぬかたぐん)に属すだけど、碧海郡の一部も領土にふくめただ。

20150624_085529 名鉄バス - 矢作学校前 20150624_085647 名鉄バス - 矢作橋

みぎに鉄橋をわたるあかい電車をみながら矢作川(やはぎがわ)をわたる。

20150624_085812 名鉄バス - 矢作川をわたる
20150624_085804 名鉄バス - 矢作川をわたる

板屋町口(いたやちょうぐち)のつぎの岡崎公園前(おかざきこうえんまえ)でバスをおり、あんじょうから岡崎までのたびをおえる。

20150624_090314 名鉄バス - 岡崎公園前
20150624_090340 岡崎公園前 - 名鉄バス

名鉄バス岡崎あんじょう線の路線図(路線図ドットコム)
△ 名鉄バス岡崎あんじょう線の路線図(路線図ドットコム)


(さんこう)