読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェンヤン-タントン間高速鉄道開業! - 2015.9.1

中国

こないだハルピン-チチハル高速鉄道の開業についてかいたとこで、こんどはおんなじ東北地方で、シェンヤン-タントン間高速鉄道の開業だ。シェンヤンはこの東北地方の中心都市としてしられたまちで、タントンはほっからみなみにすすんで、アムノッカン(鴨緑江)の河口までいったとこにあるまちだ。アムノッカンをさかいにむこうはきたちょうせんになるだけど、こっちがわにもおおくの朝鮮人がすんどる。タントンの対岸はシニジュっていうまちで、にほんがここまで鉄道をひいた。にほんごでのよびな、新義州(しんぎしゅう)っていったほうがわかりがいいだらあね。

シェンヤン-タントン間のきょりは207キロで、おとつい2015年9月ついたちに開業した高速鉄道はこれを1時間あまりではしりきるっていう。

ロイターのきじから

  • 新華社によると、中国政府はきたちょうせんとの国境近辺までのびる高速鉄道が2015年9月ついたちに開通することを発表した。2国間関係は緊張がたかまっとるものの、経済的なつながりを強化する努力はつづけられとる。
    シェンヤン-タントン間高速鉄道位置図 - 経済産業研究所
  • この鉄道は2010年に建設が開始されたもので、中国東北部遼寧省(りょうねいしょう)瀋陽市(しぇんやんし)からきたちょうせん国境にちかい遼寧省(りょうねいしょう)丹東市(たんとんし)までの207キロメートルをはしる。この路線の利用により、所要時間はこれまでの3時間半から1時間あまりに短縮できるっていう。
  • 新華社は、これにより「地域の経済的競争力が強化される」との鉄道高官のこえをつたえとる。
  • 中国はきたちょうせんのやすい労働力を利用するとともに、きたちょうせんの経済改革をうながすため、みっつの経済特区の開発を奨励しとる。ただ、きたちょうせんでの開発はほとんどすすんでおらず、中国は丹東市(たんとんし)からきたちょうせんへのはしの建設など、自国がわのインフラ整備をすすめとる。

◇            ◇

南北朝鮮の鉄道がつながって、アムノッカンをわたる鉄道がつながると、プサンからペキン、シャンハイまで標準軌の鉄道でつながることになる。


(さんこう)