読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線車両ってかるい??

いま東海道新幹線をはしっとるのは、ふるい順に700系、N700系N700Aの3種類だっていう。どれもおんなじようなかたちで、おれには区別もつかんだけど、いちばんふるい700系のおきかえ用に、2020年度からしんがた車両が登場するげな。きょうのちゅうにちにのっとった。

2020年度に7代め登場! - 東海道新幹線 ちゅうにち - 2016.1.5
△ 2020年度に7代め登場! - 東海道新幹線 ちゅうにち - 2016.1.5

16両で7トンの軽量化

なるほど、しんがた車両は駆動システムを10パーセント以上かるくすることで、1編成で7トンの軽量化をはたしたわけか。電力消費量がすくなくてすむほか、線路やはしの負担がへることで更新時期ものばせると、いいことづくめなわけだね。

7トンの軽量化は1パーセントの軽量化

べつの記事でみただけど、新幹線車両は1両あたり44トンだっていうで、16両だと704トンになる。7トンの軽量化は1パーセントの軽量化ってわけで、この1パーセントのためにがんばってしんがた車両を開発しただ。

新幹線は1両44トン、アメリカは1両70トン

また、この記事ではアメリカの車両とも、おもさをくらべとるだけど、アメリカの高速鉄道車両は平均70トンもあるっていう。衝突をこうりょした設計のため、にほんの新幹線をおおきくうわまわるおもさになっとるらしい。にほんは電車方式、アメリカは機関車方式っていうちがいも関係しとるだらあけどね。ほんで、いまテキサス州高速鉄道に新幹線が採用されるかっていうはなしがあるだけど、これも、ほんとならアメリカの基準だとかるすぎる新幹線は安全性の面でみとめれんだけど、専用軌道をはしる条件でみとめられる方向だっていう。まあ、在来鉄道と分離しちゃうのがいいのかっていう問題はあるとして、わがにほんの鉄道輸出がすすむことはよろこばしい。

名鉄は1両30トン台

新幹線の1両44トンがかるいっていうけど、ほじゃわが名鉄はどれぐらいだ!ってことで、しらべてみた。データは「私鉄車両データ集」っていうサイトにあった。名鉄電車1両のおもさを計算してみると、いまの電車でだいたい30トン台前半だ。うん、やっぱりかるいっていっても名鉄より新幹線のがおもたいだ。ちなみに、おもさがあだとなって引退を余儀なくされた、あの永遠の名車7000系パノラマカーは1両37トンだって、こいでも新幹線よりかるい。

以上、しんがた新幹線登場の話題から、鉄道車両のおもさについてみてみた。


(さんこう)