読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中京競馬場前のえきとほのまわりのようす

正月みっかのひに中京競馬場前にいってきた。名古屋にあそびにいくときにはかならずとおるえきだけど、おりるのははじめてだ。きたがわは名古屋市鳴海区で、みなみがわは豊明市になり、さかいめにあるえきだ。えきのなまえになっとる中京競馬場はえきのきたがわにあるだけど、名古屋市域をぬけてまた豊明市域にはいったとこに位置する。以下、えきとほのまわりのようすを紹介する。

20160103_140849 中京競馬場前 - ひがしガード(きたから)

ホーム

ホームのひろさについては先刻承知だ。準急停車駅にしてこのひろさ。もちろん競馬にそなえてのことだ。中京競馬開催のときは快速特急や急行も臨時にとまり、ファンでいっぱいになる。また、ホームのながさ分、やねとかべにおおわれとるのがいい。さらに、あがりさがりともホームのまんなかへんにまちあいしつがあった。

20160103_132630 岩倉いきふつう - 中京競馬場前 20160103_151033 中京競馬場前まちあいしつ
△ ひだり=ホームみぎ=さがりホームのまちあいしつ

ホームからかいさつ

えきはどてのうえの高架ってかんじの高架駅で、ホームの中央付近からかいさつのある地上階におりるりっぱな階段がある。名鉄名古屋東岡崎だってこんなおおきな階段はなく、JRっぽいともいえる。また、階段のとなりにはエスカレーターもついとる。おりるむきは豊橋方面むきだ。

20160103_133055 中京競馬場前 - あがりホームエスカレーター
△ あがりホームエスカレーター

階段をおりてから改札まではちょっと通路をあるくようになっとって、壁面にうめこまれたおうまさんのうきぼりが競馬ファンをむかえる。

20160103_133045 中京競馬場前 - かいさつえでるとちゅう
20160103_133636 中京競馬場前 - あがりホームえ 20160103_134345 中京競馬場前 - あがりホームえ
△ かいさつえでるとちゅう(うえ)(したひだり)(したみぎ)

豊橋方面と名古屋方面の両方面の通路をが合流したとこでひろいばしょにでて、自動改札機がなんだいもならぶおおきなかいさつとなる。

20160103_133122 中京競馬場前 - かいさつ
△ うちがわからみたかいさつ

かいさつときっぷうりば

かいさつをでたとこもひろい。駅員さんのおるきっぷうりばと自動券売機がならぶ。

20160103_133216 中京競馬場前 - かいさつ
20160103_150639 中京競馬場前 - きっぷうりば
20160103_133618 中京競馬場前 - きっぷうりば 20160103_133239 中京競馬場前 - きっぷうりば
△ かいさつときっぷうりば(うえ)(なか)(したひだり)(したみぎ)

えきの玄関

えきの正面は競馬場のあるきたがわで、えきの玄関のとこも、ひとだまりとでもいうべきか、ひとがようけおれるばしょがある。また、このときはしまっとったけど、臨時きっぷうりばもあった。

20160103_133322 中京競馬場前 - ひとだまり
20160103_133417 中京競馬場前 - 臨時きっぷうりば
△ うえ=えきの玄関した=臨時きっぷうりば

玄関からそとにでるとこで、みぎからひだり、ひがしからにしへと180度みわたしてみる。ひがしはほのまま商店街となり、さらにほのずーっとむこうの競馬場につながる。きたにもいくつかみせがみえる。にしは、写真ではシャッターのおりたたてもんがみえるけど、ほのうしろは住宅街がひろがる。

20160103_133524 中京競馬場前 - えきまえ(ひがし)
20160103_133504 中京競馬場前 - えきまえ(きた)
20160103_133449 中京競馬場前 - えきまえ(にし)
△ えきの玄関からみたえきまえ(うえ=ひがし)(なか=きた)(した=にし)

えきまえどおり

えきからほのままつづくアーケードをとおって、えきまえどおりの商店街をすすむ。すぐに南北のとおりにあたっておわる、みじかいみじかい商店街ではあるけど、競馬場の開設とともにあゆんできた年季をかんじさせる。歩行者優先のふんいきもつよい。

20160103_135412 中京競馬場前 - えきまえどおり
20160103_141048 中京競馬場前 - えきまえどおり 20160103_150125 中京競馬場前 - えきまえどおり
△ えきまえどおり(うえ)(したひだり)(したみぎ)

ガード

商店街がつきあたった南北のとおりは、またすぐみなみで国道1号線につきあたり、このT字路のすぐにしで名鉄名古屋本線のガードとななめに交差する。名古屋方面にむけて線路のきたがわをはしっとった国道1号線がここで交差して、みなみがわをはしっていく。みどりいろにきいろの線がはいった鉄骨のガードを、あかい電車がとおっていく。いきをのむうつくしさだ。

20160103_140849 中京競馬場前 - ひがしガード(きたから)
20160103_141015 中京競馬場前 - ひがしガード(きたから)
△ ガードをいくあかい電車〔きたがわからみたとこ〕(うえ)(した)

20160103_135355 中京競馬場前 - 競馬場入口交差点
△ 競馬場入口交差点

20160103_133917 中京競馬場前 - ひがしガード

20160103_133921 中京競馬場前 - ひがしガード
△ ガードをいくあかい電車〔みなみがわからみたとこ〕(うえ)(した)

競馬場へのみち

商店街がつきあたった南北のとおりをきたにいくと、競馬場にいける。すばらしくひろい歩道がつづく。ところどころに、おうまさんのあるくはばをしめす蹄鉄がうめこまれとって、きもちをなごませてくれる。また、やねもついとって、あめのひもえきから競馬場までかさいらずだ。

20160103_135404 中京競馬場前 - 競馬場えのみち
20160103_135303 中京競馬場前 - 競馬場えのみち 20160103_135941 中京競馬場前 - うまがあるくはば
20160103_135705 中京競馬場前 - 競馬場えのみち
△ 競馬場へのみち(うえ)(なかひだり)(なかみぎ=うまのあるくはば)(した=おく)

えきのみなみがわ

2001年の駅舎改装でできたっていうみなみぐちにもでてみた。こっちがわが豊明市がわになるだけど、ちいさなひとけのないえきまえひろばがあるだけど、ほのすぐみなみは線路と平行にはしる国道1号線だ。クルマ客めあての飲食店や銀行が国道1号線ぞいにいくつかあるほか、桶狭間古戦場はこちらですよ!の看板もみえる。このえきのちょっとにしに桶狭間を称するえきがあった時代もあるらしい。

20160103_133806 中京競馬場前 - みなみぐち
△ うえ=みなみがわからみた駅舎▽ した=駅舎改築竣工記念の銘板
20160103_134055 中京競馬場前 - みなみがわ

まとめ

電車がガードをいく光景がすてきだった。えきまえどおりの年季のはいった商店街がすてきだった。こんかいは正月みっかで競馬開催もなくてみせもあんまりあいとらんかったけど、つぎはみせのあいとるときにおとずれてみるよ。


(さんこう)