読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりぬき - あんじょうし、こどものみまもり強化 - 鉄道自殺続発で

ことし2016年1月6日、2月29日とあんじょう市内名古屋本線のおんなじふみきりでたてつづけにおこった中学生の鉄道自殺をうけ、あんじょうし教育委員会もこどものみまもりを強化する。

児童生徒のみまもり強化 - ちゅうにち 2016.3.8

~あんじょうし教育委員会、列車自殺続発で~

  • あんじょうし今本町の名鉄名古屋本線のふみきりで2016年1月、2月とたてつづにおきた、中学生が自殺をはかったってみられる列車事故をうけ、あんじょうし教育委員会は2016年3月なのか、2016年度から地域全体で児童生徒をみまもる態勢づくりを強化するかんがえをあきらかにした。
    あんじょうし、こどものみまもり強化 - ちゅうにち 2016.3.8
  • このひひらかれたあんじょう市議会定例会で議員の一般質問にたいし、杉山春記教育長は「あらためていのちをたいせつにする教育を最重要課題にかかげ、このようなことがこんごないようとりくみを強化したい」ってこたえた。
  • 保護者や登下校時の児童生徒をみまもる地域のボランティア、あんじょう警察署などと情報交換し、こどもたちのちいさな変化もみのがさんようにする。保護者や住民にたいしてもいのちのたいせつさを理解してもらう講演会をひらく。
  • 教育委員会の担当者は「こどものちいさな異変にきづくには、たくさんのめが必要。教師だけでなく、家庭や地域にも問題意識をもってもらうことで、いのちをまもる活動を強化したい」ってはなしとる。
  • 事故は2016年1月むいかに中学3年の男子生徒が回送列車にはねられて死亡し、2016年2月29日はべつの中学2年の女子生徒がふつう列車にはねられて死亡した。あんじょう警察署はふたりとも遮断機がおりた状態で線路内に侵入しとることから、自殺ってみとる。
  • あんじょうしでは2014年8月、当時中学2年の女子生徒が自殺をほのめかす遺書をのこして自宅マンションから転落死。あんじょうしは2015年度、「いのちをたいせつにする教育」をおこなうことをかかげとった。
  • いっぽう、名鉄は2016年4月に自殺防止をもりこんだふみきり事故防止運動をはじめる予定。
    (重村敦さん)

(さんこう)