読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西尾線をはしる6800系

こないだそとからみた6800系のことをかいた。こんかいはのってみた6800系のことをかく。きょう2016年6月とおか、しごとがえりにのった西尾線電車が6800系だった。

20160610_181224 みなみあんじょう - 西尾いきふつう(6824) 20160610_181646 6923 碧海古井 - 西尾いきふつう(うしろ)

◇            ◇

しゅっぱつはしんあんじょう。しょくばもよりの御幸本町バス停から名鉄バスでしんあんじょうまでいって、電車にのりかえ。しんあんじょうの西尾線ホームにやってきた西尾いきふつうは4両編成のあかい電車で、先頭車両の車両番号は6824で6800系だ。3500系3100系みたいなECBバッジはついてない。

20160610_180526 しんあんじょう - 西尾いきふつう(6824)
△ 20160610_180526 しんあんじょう - 西尾いきふつう(6824)

18時7分、しんあんじょうをしゅっぱつ。先頭の6824の車内はこんなかんじ。座席は固定セミクロスシートだけど、ひとり半しかすわれんちゅうとはんぱなもんだ。内装はちゃいろが基調だけど、おれはまっとあかるい色調のほうがすきだ。3500系3100系みたいな貫通とびらうえのLED式案内表示器はない。

20160610_180657 しんあんじょう - 西尾いきふつう(6824)車内
△ 20160610_180657 しんあんじょう - 西尾いきふつう(6824)車内

きたあんじょうのつぎ、みなみあんじょうにとうちゃく。いきちがいのためのまち時間を利用して、各車の車両番号をかくにん。1両めは6824で2両めは6924。しらべると6800系4次車だ。

20160610_181224 みなみあんじょう - 西尾いきふつう(6824)
20160610_181240 西尾いきふつう1両め(6824) 20160610_181256 西尾いきふつう2両め(6924)
(うえ=20160610_181224 みなみあんじょう - 西尾いきふつう(1、2両めの先頭車))
(したひだり=1両め6824)(したみぎ=2両め6924)

3両めと4両めはべつ編成だった。3両めが6823で4両めが6923。しらべると6800系3次車だ。かおつきもまえ2両の4次車とはびみょうにちがうきがした。

20160610_181310 西尾いきふつう3両め(6823)
20160610_181325 西尾いきふつう3両め(6823) 20160610_181338 西尾いきふつう4両目め(6923)
(うえ=20160610_181310 西尾いきふつう(3、4両めの先頭車))
(したひだり=3両め6823)(したみぎ=4両め6923)

みなみあんじょうからは最后尾、4両めの6923にうつる。

20160610_181501 西尾いきふつう(6923)車内
△ 20160610_181501 西尾いきふつう(6923)車内

18時15分、碧海古井にとうちゃく。のってきた電車をみおくって、かいさつをでた。

20160610_181641 碧海古井 - 西尾いきふつう
△ 20160610_181641 碧海古井 - 西尾いきふつう

この6800系、6000系や6500系とおなじく、おおきくは6000系のなかまになるだけど、それぞれで外観がおおきくことなる。登場順に6000系はかんつうがた、6500系は鉄仮面、6800系はいわゆる「きんぎょばち」っていうふうにことなる。また、ややこしいことに、おおきな6000系よりもあたらしい3500系3100系も「きんぎょばち」の外観をとり、注意が必要だ。いや、ふつうのひとは注意する必要なんかないけどね。

20160610_181646 6923 碧海古井 - 西尾いきふつう(うしろ)
△ 20160610_181646 6923 碧海古井 - 西尾いきふつう(うしろ)


(さんこう)