読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めをさましたら車庫んなか

のみかいがえりのバスんなかでねちゃった。終点までいってもおきれんくて、運転士さんにもきづかれんくて、さらに車庫まで回送されてもバスんなかでねむりつづけた。きづいたらあけがたの4時。ここはどこ?わたしはだれ? みまわりちゅうのほかの運転士さんがきづいてくれて、たすけだされたとさ。

はなしのぬしは20代のおんなのひと。ばつがわるかっただらあな。

20160916_082040 碧海信用金庫本店 - 名鉄バス 640-400

(さんこう)

  • 眠った客に気付かず車庫に一晩 - 名鉄バス|ちゅうにち|2016年9月14日20時10分
    • 名鉄バス名古屋市中村区)の路線バスの運転手が2016年8月、車内で眠っていた乗客に気付かずに一晩放置したとして、国土交通省中部運輸局は2016年9月14日、車内の点検方法を改善するよう同社に警告した。
    • 同局などによると、2016年8月7日午后8時50分ごろ、愛知県瀬戸市内で運行を終えた名鉄バスセンター瀬戸駅前行きバスの男性運転手(31)が20代女性を乗せたまま、同県長久手市の車庫に戻った。翌日午前4時ごろ、目を覚ました女性が助けを求めたところ、見回り中の別の運転手が気付き、女性を車外に出した。
    • 女性はバスセンターから乗車したが、酒に酔っていて寝てしまった。女性の体調に問題はなかったが、同社は女性に謝罪した。
    • 社から申告を受けた運輸局が監査を実施し、改善策を講じるよう指導した。同社は「女性には長時間不便をかけ、大変申し訳ない。今後は車内の確認を徹底し再発防止に努める」とのコメントを出した。
  • 路線バスに乗客7時間半閉じ込める - 名鉄バスに文書警告|あさひ|2016年9月14日21時20分
    • 路線バスの車内に乗客を約7時間半、閉じ込めたとして、中部運輸局は2016年9月14日、名鉄バス名古屋市)を文書警告処分にし、発表した。
    • 名鉄バスによると、2016年8月7日に名鉄バスセンター瀬戸駅前行きのバスを運転した男性運転手(31)が、運行終了后の午后8時50分ごろの車内点検で、座席で眠り込んでいた20代の女性を見落とした。運転手は、女性を乗せたままバスを同社名古屋営業所(愛知県長久手市)に回送し、車庫に止めた。翌2016年8月8日午前4時25分ごろ、窓をたたいて助けを求める女性に見回りの社員が気づいたという。
    • 名鉄バスから報告を受けた中部運輸局が2016年8月中旬に同営業所に監査を実施し、運転手への指導が適切でなく、道路運送法などに違反すると判断した。