読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩倉いきふつう

名鉄

東岡崎からしんあんじょうまで岩倉いきふつうにのった。

20161007_175626 しんあんじょう - 岩倉いきふつう 1180-720

※ 古井の駅名について
これまで正式駅名にしたがって「碧海古井」っていってきたけど、「碧海」がはいることに住民としておおいに違和感があり、2016年10月むいかからたんに「古井」とすることにした。

◇            ◇

ゆうがたも5時半すぎ、東岡崎2番のりばにやってきた17時42分の岩倉いきふつうにのる。うすやみのなか、場内信号があおにかわるのと同時に電車はしゅっぱつ。

20161007_174211 岩倉いきふつう - 東岡崎しゅっぱつ(先頭3407)
(174211 岩倉いきふつう - 東岡崎しゅっぱつ)

矢作川鉄橋をわたる。

20161007_174458 岩倉いきふつう - 矢作川鉄橋
(174458 岩倉いきふつう - 矢作川鉄橋)

矢作橋にとうちゃく。ホームにようけひとがまっとる。

20161007_174541 岩倉いきふつう - 矢作橋のえき
(174541 岩倉いきふつう - 矢作橋のえき)

17時52分、しんあんじょうは副本線の3番のりばにとうちゃく。電車をおりる。

20161007_175204 岩倉いきふつう - しんあんじょう
(175204 岩倉いきふつう - しんあんじょう)

ホームの階段をおりいとしたとこで、のってきた岩倉いきふつうと西尾線2番のりばからでる吉良吉田いき準急がならんどるのがみえる。

20161007_175301 しんあんじょう - 岩倉いきふつうと吉良吉田いき準急
(175301 しんあんじょう - 岩倉いきふつうと吉良吉田いき準急)

地下通路をとおって2番のりばにあがると、まんだ岩倉いきふつうがとまっとるのがみえる。車両番号3407-3457-3357-3307の3300系だ。運転士さんもホームにおりとる。

20161007_175501 しんあんじょう - 岩倉いきふつう
(175501 しんあんじょう - 岩倉いきふつう)

18時ちょうど、岩倉いきふつうがでていくのをみおくる。すりガラスのため、運転士さんのようすがようわからんのが、ちょっとざんねんなとこだ。

20161007_180004 しんあんじょう - 岩倉いきふつう
(180004 しんあんじょう - 岩倉いきふつう)

さて2番のりばに西尾いきふつうがやってくる。2両編成の6000系鉄仮面をふたつ連結した車両だ。

20161007_180441 しんあんじょう - 西尾いきふつう
(180441 しんあんじょう - 西尾いきふつう)

18時7分、しんあんじょうをしゅっぱつ。18時15分、古井にとうちゃく。みじかい電車のたびをおえる。

20161007_181614 古井 - 西尾いきふつう
(181614 古井 - 西尾いきふつう)

  • 乗車記録 - 2016.10.7、きんようび、平日
    • 東岡崎 17:42 → (岩倉いきふつう) → 17:52 しんあんじょう
      〔8.5km、10分、51.0km/h〕
    • しんあんじょう 18:07 → (西尾いきふつう) → 18:15 古井
      〔5.7km、8分、42.8km/h、東岡崎からのとおしで350円〕

(さんこう)