読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくらむ4台めはさくらいろ♡

福井鉄道

ふくらむってのは福井鉄道のしんがた路面電車のことだ。ぜんぶで4台導入するうちの、だいだいいろ、あおいろ、きみどりいろの3台はまあはい導入ずみなだけど、このたび4台めの発表があった。

さいごの編成はさくらいろに
  • 福井鉄道の経営状況を確認する「福武線(ふくぶせん)再建スキーム管理部会」が2016年11月14日、本社で開かれた。福井鉄道側から、2016年12月中に導入を計画している桜色の低床車両「フクラム」が発表された。
    ももいろ車体のふくらむ4台め(ちゅうにち)
  • 会議は非公開で、村田治夫社長(62)が終了后に会見して説明した。新車両は、福井鉄道が導入を計画している低床車両のうち最后の4編成目。導入費は約3億3千万円。オレンジ、青、黄緑の各編成と同じ3両編成で定員は150人だが、ほかの3編成と違い田原町駅(たわらまちえき)でのえちぜん鉄道との相互乗り入れには対応しない
  • 2016年12月中旬から下旬に導入し、年明けには利用できるようする。今回の低床車両導入に伴い、名古屋市内の地下鉄でも走っていた610形が廃車になる見込みという。
  • 管理部会では、本年度2016年度上半期の利用客数も示された。前年同期比36,090人増の1,030,964人となり、2017年度までの最終目標としている年間利用客2百万人台を、1年前倒しで達成できる見込みになった。村田社長は、JR福井駅西口にできた「ハピリン」や相互乗り入れの効果、通勤での利用増などを理由に挙げた。
  • 管理部会は学識経験者や沿線自治体の担当者ら7人で構成し、年2回開催している。
    さいごの編成はさくらいろに - 福鉄、低床車両「フクラム」|ちゅうにち(山内道朗さん)|2016年11月15日

いや~、4台めはさくらいろだったか~。きもちがあかるくなるいろだね(^_^)

3台めまでのふくらむ
  1. だいだいいろのふくらむ
    ふくらむ 好調! - 福井鉄道 - あきひこゆめてつどう|2013/11/13
    福井鉄道 F1000がた ふくらむ (福井新聞 2013.10.3)
  2. あおいろのふくらむ
    ふくらむ2台めはあおいろ♪ - 2015.2.18 運行開始! - あきひこゆめてつどう|2015/02/21
    福井鉄道 - 2台めのふくらむ
  3. きみどりいろのふくらむ
    福井鉄道現役車両|北陸の私鉄
    F1003-1+F1003-2+F1003-3 - 公園口-商工会議所前
    3台めふくらむ(北陸の私鉄さん)
4台め導入で廃止になる610がた

(さんこう)