西三河の鉄道のうつりかわり10回め=三河鉄道の延伸と西尾線の延伸

10回めのこんかいは1927年と1928年。はなしはふたつ。

ひとつは三河鉄道の延伸。きたは1927年8月26日に猿投(さなげ)から枝下(しだれ)まで、9月17日に三河広瀬(みかわひろせ)まで、1928年1月22日に西中金(にしなかがね)までのびて、みなみは1928年8月25日に松木島(まつきじま)から吉良吉田(きらよしだ)までのびる。こいで、のちに三河線っていうなまえになる里程64.8キロの区間が全線完成となる。

まあひとつは西尾線の延伸。矢作川鉄橋の工事が困難なため、碧海電鉄による西尾線しんあんじょう-西尾間15.0キロの建設は、はなから2期にわけてやることになっとっただけど、こんかいが2期めで、1928年8月いつかに米津(よねづ)から西尾口(にしおぐち)まで、10月ついたちに西尾までのびて、建設完了。また、1926年に碧海電鉄のおやがいしゃ愛知電鉄が吸収合併した西尾鉄道のうちの西尾-吉良吉田間と直通運転を実施。いまの西尾線しんあんじょう-吉良吉田間の運行がここにはじまる。なお、旧西尾鉄道線は軌間2フィート6インチの特殊狭軌で非電化の線だっただけど、愛知電鉄はこれを軌間3フィート6インチの狭軌に改軌したうえで電化をして、ほかの線とあわせた。

西三河の鉄道のうつりかわり(あきひこ) - 10.三河鉄道の延伸と西尾線の延伸
△ 西三河の鉄道のうつりかわり(あきひこ) - 10.三河鉄道の延伸と西尾線の延伸

◇            ◇

この地にうまれて、みずからこの地に路線をのばしていく三河鉄道。にしからはいってきて、既存路線の吸収もしながら路線をのばしていく愛知電鉄。ことなるふたつの鉄道会社がしのぎをけずる。

◇            ◇

(さんこう)

  • 西三河の鉄道のうつりかわり〔目次〕 - おぼえがき
  • 90年まえの三河線の時刻表 - あきひこゆめてつどう|2017/07/29
    • また北上で、1927年に枝下、三河広瀬までのびる。さいごは1928年で、きたは西中金まで、みなみは三河吉田までのびて、三河鉄道64.8キロの全線完成となる*1*2
  • 碧海電鉄の建設 - 名鉄100年史 - あきひこゆめてつどう|2014/04/24
    • 「愛知電鉄はひきつづき豊橋線の培養線を布設する必要をかんじ、1925年5月には地域の要望により愛知電鉄が半額を出資して資本金100万円の碧海電鉄を設立し、1926年7月ついたちには今村(いまむら)(いまの新安城(しんあんじょう))-米津(よねづ)間11.8キロを開通させた。会社としては別会社化により補助金をうけれる便宜(べんぎ)もあり、以后ローカル線建設、運営についてこの方式がもちいられた。矢作川(やはぎがわ)のきょうりょう工事が困難のため2期にわけて建設し、1928年8月にいたり西尾まで延長した。ほのあとは実質的に愛知電鉄の路線の一部として営業した」
  • 名鉄三河線 - Wikipedia
    • 1927年8月26日、猿投駅-枝下駅間開業。
    • 1927年9月17日、枝下駅-三河広瀬駅間開業。
    • 1928年1月22日、三河広瀬駅-西中金駅間開業。
    • 1928年8月25日、神谷駅三河吉田駅間が開業。
  • 碧海電気鉄道 - Wikipedia
    • 1928年8月5日、米津-(仮)碧電西尾口間2.6 km開業。
    • 1928年10月1日、(仮)碧電西尾口-西尾間0.9 km開業、今村-西尾間の架線電圧を直流600Vに降圧。(仮)碧電西尾口駅を廃止して愛電西尾線の(仮)西尾口駅に接続。
  • 愛知電気鉄道 - Wikipedia
    • 1926年12月1日、西尾鉄道を吸収合併、資本金17,091,050円、総営業キロ116.9kmとなる。
    • 1928年10月1日、旧西尾鉄道線の西尾-吉良吉田間と西尾-港前間の1067mm軌間への改軌および電化工事、ならびに西尾駅の移転工事完成。
    • 1929年4月1日、旧西尾鉄道線の岡崎新-西尾間の1067mm軌間への改軌および電化工事完成。
  • 名鉄西尾線 - Wikipedia
    • 1926年に愛知電気鉄道が西尾鉄道を吸収合併し、岡崎新-西尾-吉田港間を西尾線とした后、碧海電気鉄道と直通させるために、1067 mm軌間への改軌と600V電化を行い、碧海電気鉄道も高速運転の方針を捨てて600Vへの降圧を行った。

*1:里程は現在の、または廃止時のもので計算してある。〔西中金-猿投間8.6キロ〕+〔猿投-碧南間39.8キロ〕+〔碧南-吉良吉田間16.4キロ〕=64.8キロ。

*2:蒲郡線三河鉄道が建設したもんだけど、ここではべつもんってかんがえた。