2007年 京都 もみじ 三昧

2007年 12月 ついたち どようびと ふつか にちようびの ふつかかん、京都 旅行に いきました。

【いちにちめ】

うちから 京都駅まで

名鉄 西尾線から 名古屋本線を へて 名古屋まで でる。通常 運賃 650円の ところ、トランパスを 利用し 約 1わり やすで 乗車。西尾線トランパスが 利用 可能と なったのは 11月 じゅうよっかからで あるが、じぶんに とって はじめての 利用と なる。

8:53 碧海古井 発。新安城まで 8分、5.7km。単線で あり 路線も むかしながらの きの まくらぎで ある ため、表定 速度 42.8km/hと やや おそい。

安城駅で 名鉄本線に のりかえる。いつもは ホームを 移動する 必要が あるが、この 時間帯、同一 ホームでの のりかえが できて 非常に らく。こう いった サービスは とても うれしいが、常時 これを 可能と する ためには 配線の 変更が 必要で、実現は いつの ことやら。

9:12 新安城 発の 特急で 9:36 名鉄名古屋 着。所要 時間 24分、距離 29.7 km、表定 速度 74.3km/h。

名古屋で 新幹線に のりかえ。券売機で 宇治までの きっぷを 購入。まどぐちでの 購入より こちらの ほうが はやい。予定の 9:57 発は 禁煙席が なく、10:07の ひかりに 変更。所要 時間 36分で 10:43 京都駅 着。きょり 134.3km、表定 速度 223.8km/h。はっやー!

京都駅から 宇治駅まで

京都駅の 新幹線 かいさつぐちを でると すぐに 奈良線に 「みやこ路快速」が 停車中。信号 まちあわせの ため、10:50の 定刻を やや おくれて 出発。

20071201 10:47 京都駅
△ 20071201 10:47 京都駅

宇治まで 14.9km、所要時間 17分、表定 速度 52.6 km/h、230 円。1時間の あいだに 快速 2本と ふつう 4本、計 6本。

京都を でた 列車は、東福寺で 京阪との のりかえが 可能と なる。この あたり、列車が 民家の のきさきを かすめる ように すすみ、人間と 電車が 共存しとる ような 感覚を いだく。

京都から 奈良までは、JR 奈良線の ほかに 近鉄の 路線が あり、こちらは 近鉄 京都線と 称する。JRは 京都を 中心に した 名称で、近鉄は 近鉄 大阪線を 中心に した 名称で ある ことが わかる。

京都-奈良間は、以前は まったく 近鉄の 独壇場だった ものを、JRの 民営化に より、設備 改良や 頻発 運行などの 努力で そうとうに 競争力を つけた。こんかい JR 奈良線の 京都-宇治間に のって みても、線路は 硬質で レールの つぎめを かんじさせる ことが なく、非常に きもちが いい。表定 速度が それほど はやく ないのは、この かんの 宇治かた 3分の 2 ほどが いまだ 単線で ある ことに よると おもわれるので、早期の 複線化を のぞむ。

近鉄 京都線は 宇治を 経由せんけど、宇治までは JR 奈良線の ほか、京阪で いく ことが できる。こちらは 京都の 出町柳から 京阪三条などを へて、中書島京阪本線から 京阪 宇治線に のりかえ、終点の 京阪宇治に いたる もので ある。

平等院と 義経が 宇治川を わたった ばしょ

11:07 宇治駅に 到着。しばし 商店街を いき、宇治橋の たもとに でる。料理 旅館 「宇治川」で ミニ茶そばつき宇治川弁当 2,100 円を 食し 満足。

20071201 11:20 宇治の 商店街
△ 20071201 11:20 宇治の 商店街

20071201 11:30 宇治橋
△ 20071201 11:30 宇治橋

平等院を 見学。おれの うまれる 905年 まえの 西暦 1052年、関白 藤原頼道 (ふじわら よりみち)に より 建立された もので ある。境内の いたるところ もみじで いろどられる。鳳凰堂は 10円だまの デザインと しても 有名。

20071201 12:20 平等院
△ 20071201 12:20 平等院

20071201 12:22 平等院
△ 20071201 12:22 平等院

20071201 12:15 宇治 20071201 12:49 平等院
△ 筆者 (2枚とも)

平等院 境内に 源三位頼政 (げん ざんみ よりまさ)の はかを 発見、まいる。頼政は、藤原氏に ついで わがよの はるを 謳歌しとった 平氏に 反旗を ひるがえした 張本人で あるけど、頼朝に よる 源氏 政権の 樹立を みる ことも なく、はたあげ 早々 平等院で 自刃 (じじん)した もの。

20071201 12:58 源三位 頼政の はか
△ 20071201 12:58 源三位 頼政の はか

20071201 12:59 源三位 頼政の はか
△ 20071201 12:59 源三位 頼政の はか

ほか、平等院内に いく 機会の ある ひとは 羅漢堂って いう ちいさな お堂を おみのがし なく。なにが あるかは、みての おたのしみ。

20071201 13:21 平等院 羅漢堂
△ 20071201 13:21 平等院 羅漢堂

平等院を あとに、宇治川の 反対 ぎしに むかう。途中で なかすを あるき、「源義経 (みなもとの よしつね)が 宇治川 わたったの、この へんだと おもうだけど だれかに きかにゃ わっからんかなあ?」と おもったら、案内板 あり。

20071201 13:28 宇治川 堤防
△ 20071201 13:28 宇治川 堤防

20071201 13:30-1 橘橋 20071201 13:30-2 橘橋
△ 20071201 13:30 橘橋 (2枚とも)

20071201 13:35 宇治川先陣之碑 案内板 20071201 13:35 宇治川先陣之碑
△ 20071201 13:35 宇治川先陣之碑 (2枚とも)

範頼 (のりより)と ともに 頼朝軍の 一方の 大将を つとめる 義経は、南方より 宇治川を わたり 、範頼に さきんじて 京を 蹂躙する 木曽義仲 (きその よしなか)を 駆逐した もので ある。

北岸に わたり 2、3かしょの 寺社を 拝観。どこも かしこも もみじだらけ。

20071201 14:08 宇治川 北岸の どっかの 寺社
△ 20071201 14:08 宇治川 北岸の どっかの 寺社

秀吉が はなみを ひらいた 醍醐寺

京阪宇治駅を 14:28 出発、六地蔵駅まで 4.5km、所要時間 7分、表定 速度 38.6km/h、200円。標準軌、複線の わりには 表定 速度が おそすぎるか。また、本線 特急に ある ような、つなげて きくと フュージョンに なる ような 発車 メロディも ない。六地蔵で 下車し 徒歩 少々で 京都地下鉄 東西線に のりかえる。地図を よく たしかめんかった ため、そうとう おおまわりを する。六地蔵 14:52 出発、醍醐まで 4分、2.4km、210円、表定 速度 36.0km/h。発車の さいは 古都を イメージさせる メロディが ながれる。

20071201 14:23-1 京阪宇治駅
20071201 14:23-2 京阪宇治駅
20071201 14:25 京阪宇治駅 構内 地下道
△ 20071201 14:23 京阪宇治駅 (うえ 2枚)
△ 20071201 14:25 京阪宇治駅 構内 地下道

20071201 14:53 京都地下鉄 東西線 六地蔵 出発
△ 20071201 14:53 京都地下鉄 東西線 六地蔵 出発

醍醐駅 下車。駅 周辺は おおがた 商業 施設に かこまれ おもいも かけず 繁華。めざすは 醍醐寺。徒歩 15分 ていど かかると 案内に ある ところを、醍醐コミュニティバスの 1日 乗車券 300円を 利用。運行は 10分 間隔と 至便。

醍醐寺 バス停に 到着し、喫茶店で 一服。店主の おねえさんに よれば 以前に JR東海醍醐寺の 宣伝を した ときは 見物客が ひきも きらんかったけど、きょうは テレビで 清水寺の 紹介が あり、みな そちらに いっとるのでは ないかとの ことだった。また、地下鉄 蹴上駅 (けあげえき) 至近の 永観堂 (えいかんどう)が よる ライトアップされるで いって みては どうかとの アドバイス あり。

20071201 15:39 醍醐寺
△ 20071201 15:39 醍醐寺

醍醐寺豊臣秀吉が はなみを ひらいた ことで 有名で あるが、境内は 広大で もみじも きれいだった。

醍醐駅から 京都 市内の やどえ

京都地下鉄 東西線、16:33 醍醐 発 16:55 烏丸御池 (からすまおいけ) 着。所要 時間 22分、距離 11.1km、運賃 310円、表定 速度 30.3km/h。東西線 各駅は 安全性の ために すべて ホーム ドアーが 設置されとる。

20071201 16:32 京都地下鉄 東西線 醍醐 (だいご)
△ 20071201 16:32 京都地下鉄 東西線 醍醐 (だいご)

【ふつかめ】

烏丸御池駅から 嵯峨嵐山駅まで

京都地下鉄 東西線、8:18 烏丸御池 発 8:22 二条 着。

20071202 08:17 京都地下鉄 東西線 烏丸御池 (からすまおいけ)
△ 20071202 08:17 京都地下鉄 東西線 烏丸御池 (からすまおいけ)

20071202 08:22 京都地下鉄 東西線 二条
△ 20071202 08:22 京都地下鉄 東西線 二条

JR 嵯峨野線山陰本線) 8:33 二条 発 8:44 嵯峨嵐山 (さがあらしやま) 着、190 円、6.1km、11分、表定 速度 33.3km/h。この 線は 高架化されとるけど 複線化は とちゅう 段階の ため 表定 速度が おそいのか。

20071202 08:29 JR 嵯峨野線 二条
△ 20071202 08:29 JR 嵯峨野線 二条

嵐山と 渡月橋

嵯峨嵐山駅に 到着、嵯峨野トロッコ列車が 停車しとったけど まあはい 満席で 乗車の ためには 2時間 まちとの ことで 断念。駅から ひとなみに みを ゆだね いきさきを まかせ 桂川 方面へ。天竜寺に はいり ここでも もみじを 鑑賞するも すでに 食傷 ぎみ。

20071202 08:59 嵐山の どっかの 寺社
△ 20071202 08:59 嵐山の どっかの 寺社

桂川 河畔に いたり たこやきと ラムネで 一服。渡月橋 (とげつきょう)を わたり てこぎ ボートに のる。ボートで みなもを 滑走するのは 快感で あり、かわもから みる 嵐山の もみじは 格別で ある。

20071202 10:19 渡月橋 てこぎ ボート 20071202 10:20-1 渡月橋 てこぎ ボート
20071202 10:20-2 渡月橋 てこぎ ボート 20071202 10:31 渡月橋 てこぎ ボート
△ 20071202 渡月橋で ボート こぎ (4枚とも)

20071202 10:32 渡月橋 てこぎ ボート
△ 20071202 10:32 かわもから みる 嵐山の もみじ

ボートを おり、にしんそばを くう。

20071202 11:40 渡月橋
△ 20071202 11:40 渡月橋

かえり

12:16 阪急 嵐山駅 発の 電車に のり 帰途に つく。

20071202 12:10 阪急 嵐山駅
△ 20071202 12:10 阪急 嵐山駅

(注)
この ブログは、6年 まえの 2007年に 掲載した 日記だけど、写真を のせて 再度 掲載する ことに した もの。ただし、この ときは デジカメも もっとらんくて、写真は すべて ケータイで とった もの。また、この ときに インターネット上の なまえを、ほれまでの いわんから 本名の あきひこに かえた。

(さんこう)