めいじむらまで

2024.6.10 (8) じんぐうまえ - しんうぬまいきとっきゅう 2000-1500 2024.6.10 (14) いぬやまひがしぐち - ぎふばす 2000-1500

めいてつでんしゃとぎふばすをのりついで、めいじむらまでいく。

(いわくらいききゅうこう)(いちのみやいききゅうこう)(しんうぬまいきとっきゅう)
(めいじむらいきばす)[じょうしゃきろく]

◇            ◇

2024.6.10 (1) ふるい - いわくらいききゅうこう 1960-1500

ふるい6じ49ふんのいわくらいききゅうこうにのる。ふつうていしゃえきのふるいにきゅうこうがとくべつていしゃするかたちだ。でんしゃは3313へんせい4りょう3300けいぎんいろでんしゃで、しゃりょうばんごう3363のうしろから2りょうめにたっていく。

みなみあんじょうで、さきにまっとったきらよしだいきふつうのあっかいでんしゃといきちがい。

きたあんじょうをつうか。ちいさなゆうえつかん。

しゃないほうそうがはいって、しんあんじょうでまえに2りょうつなぐことと、ふつうにかくさげになることのおしらせ。

しんあんじょうてまえでいったんていし。なごやほんせんぎふいきとっきゅうのこおろぎとっきゅうが、えきにはいっていくのがみえる。のりばちょくぜんでにかいめのいったんていし。ぎふいきとっきゅうが4ばんのりばからでていくのをみはからって、わがいわくらいききゅうこうがむかいの3ばんのりばにはいっていく。しんあんじょうとうちゃく6じ57ふん。どうじこくしゅっぱつのぎふいきとっきゅうにはのりかえれんようにしてあるだけど、もどかしい。

2024.6.10 (2) しんあんじょう - いちのみやいききゅうこう 1940-1500

ぎふいきとっきゅうのつぎに4ばんのりばにはいってきた、しんあんじょう6じ59ふんのいちのみやいききゅうこうにのる。でんしゃはぎんいろでんしゃ2りょうとあっかいでんしゃ4りょうのれんけつで、しんがり6りょうめ、しゃりょうばんごう3527のあっかいでんしゃにたっていく。ざせきはまんせきで、たちきゃく6わり。たちきゃくのていいんにたいしてのっとるのが6わり。いわくらいききゅうこうからののりかえじゃあこのでんしゃがさいそくでなごや3えきにいくだけど、ぞんがいすいとる。

ちりゅうにていしゃ。たしょうのりおり。

しゃないほうそうがはいって、ありまつにもていしゃすることと、じんぐうまえからじゅんきゅうにかくさげになることのおしらせ。

とよあけをつうか。

ぜんごにていしゃ。のってくるひとたしょうだけど、おりるひとすくなくて、たちきゃく7わりにふえる。

ちゅうきょうけいばじょうまえをつうか。

ありまつにていしゃ。これもとくべつていしゃだ。いっぱいのってきて、たちきゃく10わりにふえる。べびーかーのおかあさんまでのってきてびっくり。

なるみにていしゃ。ようけのってきて、ぎゅうづめでんしゃになる。

ほりたにていしゃ。さらにぎゅうづめになるだけど、じょうきゃくのいれかわりにあわせて、べびーかーのおかあさんをおくにいれてあげる。

2024.6.10 (3) じんぐうまえ - いちのみやいききゅうこう 2000-1500

7じ25ふん、じんぐうまえは1ばんのりばにとうちゃく。じゅんきゅうにかくさげになってでていくでんしゃをみおくり。

2024.6.10 (4) じんぐうまえ - せんとれあいきみゅーすかい 2000-1500

はんたいせん3ばんのりばにせんとれあいきみゅーすかいがはいってくるのをながめて、いったんきょうじょうかいさつをでる。

かいさつむかいのふぁみりーまーとでにぎりめし1こかって、たちぐい。

2024.6.10 (5) じんぐうまえ - 「ひろみせんわんまんうんてん」 1500-2000

きっぷうりばよこに、「ひろみせんいぬやましんかにかんでわんまんうんてんかいし」のおしらせをはっけん。ひろみせんしんかにみたけかんはもともとわんまんうんてんだっただけど、2024ねん3がつ16にちのだいやかいせいから、ひろみせんぜんせんでわんまんうんてんになっちゃっただ。

かいさつをはいりなおして、のりばにおりる。

2024.6.10 (6) じんぐうまえ - しんうぬまいきじゅんきゅう 1730-1500

2ばんのりばからしんうぬまいきじゅんきゅうのあっかいでんしゃがでていくのをみおくり。もともとしんかにいきじゅんきゅうだったでんしゃだけど、だいやかいせいいこうひろみせんにははいっていかんくなって、いきさきをいぬやませんしゅうてんのしんうぬまにかえた。

2024.6.10 (7) じんぐうまえ - しんうぬまいきとっきゅう 2000-1500

さて、しんうぬまいきとっきゅうのぱのらますーぱーがおりてくる。こうわしはつのでんしゃで、せんろをこうさしてえきにおりてくる。

2024.6.10 (8) じんぐうまえ - しんうぬまいきとっきゅう 2000-1500

2ばんのりばにていしゃ。のりこむ。

2024.6.10 (9) しんうぬまいきとっきゅう - じんぐうまえ 1990-1500

7じ52ふん、じんぐうまえをしゅっぱつ。わがせきは、うしろから2りょうめ、とくべつしゃ2ごうしゃ6びー。みぎつうろがわはしらかげ。きのうのよるめねっとしてかろうじてとれた1せきだ。となりはおんなのひと。

かなやまにていしゃ。

なごやにていしゃ。おおぜいおりて5でぃーのせきにいどう。となりのおんなのひともおりた。2ごうしゃ5でぃーはひだりまどがわはしらまえ。みぎがわはまぶしすぎる。

ところで、ぞんがいじょうきゃくがのこっとる。ぎふいきとっきゅうなんかだとなごやでがらがらになるだけど、このしんうぬまいきとっきゅうはまんだなんにんかじょうきゃくがのこっとる。

2024.6.10 (10) しんうぬまいきとっきゅう - びわじまてっきょう 1600-1200

びわじまてっきょうをわたってなごやをはずれる。

びわじまぶんきてんをみぎにはいっていく。ひだりがなごやほんせん、みぎがいぬやませんだ。

いわくらにていしゃ。

こうかのほていをつうかするとこで、ひだり45どにきんかざん。

こうなんにていしゃ。

かしわもりにていしゃ。

2024.6.10 (11) いぬやま - しんうぬまいきとっきゅう 1870-1490

8じ26ぷん、いぬやまは1ばんのりばにとうちゃく。

きょうじょうかいさつをでて、ひがしぐちにおりる。

2024.6.10 (14) いぬやまひがしぐち - ぎふばす 2000-1500

ぎふばすにのりかえ。いぬやまえきひがしぐちばすていにまっとった、8じ40ぷんのめいじむらいきばすにのりこむ。まなかでのれることにきづいて、よういしとったげんきんをさいふにしまう。いや、めいてつのけいえいするめいじむらにいくばすがめいてつばすじゃなくてぎふばすっていわかんがあるな。

ざせきはつうろひだりがわまどがわせき。つうろみぎがわまどがわせきにわっかいねえちゃん。うんてんしさんがきてくれてえあこんがはいってたすかった。きょうはあっつい。

しゅっぱつ。ひがしえ。

うめつぼこせんきょうきたこうさてんをうせつ。
みなみえ。

ひろみせんこせんきょうをわたるとこで、ひだりしたにいぬやましゃりょうきちがひろがる。

たんぼんなか、ときはざまばすていにていしゃ。ひとりのってくる。

みぎたんぼんなか、へいこうするこまきせんをへいあんどおりいきふつうがみなみにいくのがみえる。

きゅうじつしんりょうじょまえばすていにていしゃ。ひとりおりる。

そうごういぬやまちゅうおうびょういんひがしばすていをつうか。こんなたんぼんなかでおりてもびょういんにあるいていけるだ。こまきせんにあたらしいえきをつくるってうわさもきいたことがあるけど、まんだじつげんしたってきいとらん。

ごろうまるひがし1ちょうめこうさてんをさせつ。うせつほうこうに、こうかのこまきせんごろうまるしんごうじょうをみながらさせつ。
ひがしえ。

じゅうたくちにはいって、いぬやまにゅーたうんばすていにていしゃ。ひとりのってくる。

さくらつぼばすていにていしゃ。おんなのひとがひとりのってくる。めいじむらではたらくひとか。

おしぼたんしんごうでていしゃ。

しんごうぜがわにしまちばしをわたる。

まえはらばすていにていしゃ。ひとりおりる。いや、ほとんどのばすていにとまっていくぞ。

みぎにゆみなっていく。

まえはらひがしこうさてんをうせつ。
みなみえ。

まえはらしんこうばすていにていしゃ。なんにんかおりる。ここになにがあるのか。

やまにはいっていく。

あかさかこうさてんをちょくしん。

あかさかばすていをつうか。

ひだりににゅーたうんがひろがる。

さゆうともじゅうたくちになる。

ちょうじゃまちだんちばすていにていしゃ。ひとりおりる。

2024.6.10 (15-1) ぎふばす - ちょうじゃまちだんち 1500-2000

ちょうじゃまちだんちみなみばすていをつうか。

じゅうたくちがつきてくる。

あずくじばすていにていしゃ。ひとりおりる。かんじで「あんらくでら」ってかいて「あずくじ」ってよむだ。はよひらがなひょうきにかえたほうがいい。

やまにはいっていく。

ひだりにおおきなてっこうじょ。

ひだりにたてもんかいたいこうじはいきぶつしょぶんじょう。

めいじむらがみえてくる。

かんおばすていをつうか。つぎはめいじむら。

ひだりてぃーじをさせつ。
ますますやまんなかえ。

2024.6.10 (16) ぎふばす - めいじむら 1600-1200

めいじむらばすていにとうちゃく。ていこくの9じ1ぷんより1ぷんおくれ。

2024.6.10 (17) めいじむらばすてい 1600-1200

ばすをおりたひとのはんぶんが、つうようぐちにむかっていく。めいじむらではたらくひとたちだ。つうろみぎがわまどがわせきのわっかいねえちゃんもめいじむらではたらくひとだった。

めいじむらがあくのは9じはん。のこるはんぶんのひとたちといっしょにあくのをまつ。

◇            ◇

  • めいてつでんしゃ
    • ふるい 6:49 → (にしおせん=いわくらいききゅうこう) → 6:57 しんあんじょう
    • しんあんじょう 6:59 → (なごやほんせん=いちのみやいききゅうこう) → 7:25 じんぐうまえ
    • じんぐうまえ 7:52 → (なごやほんせん~いぬやません=しんうぬまいきとっきゅう *1) → 8:26 いぬやま
  • ぎふばす
    • いぬやまえきひがしぐち 8:40 → (めいじむらいきばす) → 9:01 めいじむら
      ろせんずどっとこむ - いぬやまのばすろせんず 1250-760

(2024ねん6がつとおか、げつようび、へいじつ)


【でんしゃとばすをのりついでめいじむらまで - 2017ねん12がつ28にち】

*1:ぱのらますーぱー。とくべつしゃ2ごうしゃ6びー。みぎつうろがわはしらかげ。

ほっかいどうのたびよっかめ

2024.5.1 (8) おたるえき - えきしゃ 1970-1480 2024.5.1 (70) にっかうゐすきーよいちじょうりゅうじょ 2000-1500
2024.5.1 (94) おたる5ばん - しんちとせくうこういきえあぽーと 1980-1470 2024.5.1 (189) せんとれあいき - しんちとせくうこう 2000-1500

ほっかいどうのたびよっかめ。あさめしまえに、ひとりおたるからよいちまででんしゃさんぽ。もどってつまとごうりゅう。やどであさめし、しんちとせくうこうまででんしゃいどう。あなきでほっかいどうをあとにする。

〔あさめしまえのでんしゃさんぽ〕 (くっちゃんいきふつう)
(にっかうゐすきーよいちじょうりゅうじょ)
(さっぽろいきふつう)
〔やどをでてしんちとせくうこうまで〕 (しんちとせくうこういきとくべつかいそくえあぽーと)
〔ひこうきでせんとれあまで〕 (せんとれあいきあな710びん)
[じょうしゃきろく]

◇            ◇

2024.5.1 (1) おーせんとほてるおたる - おたるみなと 2000-1500

おーせんとほてるおたる801ごうしつのめざめ。まちのむこう、おたるみなとからつづいていしかりわんがひろがる。わんのむこう、くものあいさからてんしのはしごがやまにそそぐ。

つまをひとりやどにのこして、えきにむかう。あさめしまえのでんしゃさんぽだ。

2024.5.1 (2) おたる2ばん - いわみざわいきふつう(1りょうめ) 2000-1500

おたるえきにとうちゃく。「るたお」のみどりいろのえきめいばんがある2ばんのりばから、5じ38ぷんいわみざわいきふつうがでていく。これがおたるのいちばんでんしゃで、さっぽろとしけんのにしのはしおたるから、ひがしのはしいわみざわまでいくだ。でんしゃは721けいと733けいをれんけつした6りょうへんせいで、みどりいろのおびのはいったすてんれすでんしゃ。

2024.5.1 (5) おたる - えきしゃ 2000-1500

よいちほうめんにいくでんしゃがくるまでまんだじかんがあって、いったんかいさつをでる。いや、じつにひろびろとした、ふうかくのあるこんこーすだ。いりぐちのがらすごしにみなともみえる。

2024.5.1 (6) おたるえき - むかいがね 1480-2000

いりぐちそとに「むかいがね」をはっけん。このかねをならしてれっしゃのとうちゃくをしらせたとのこと。

【おたるえきのむかいがね】

2024.5.1 (8) おたるえき - えきしゃ 1970-1480
2024.5.1 (9) おたるえき - ちゅうおうどおり 2000-1500

えきをそとにでると、ちゅうおうどおりがまっすぐひがしにくだっていく。くだったさきにおたるみなと、いしかりわん。すばらしいけしきだ。

2024.5.1 (10) おたる4ばん - しんちとせいきふつう 2000-1500

さてかいさつをはいりなおす。4ばんのりばから5じ52ふんしんちとせくうこういきふつうがでていく。これがおたるのにばんでんしゃで、さっぽろとしけんのみなみのはししんちとせくうこうまでいくだ。でんしゃは733けい6りょうへんせい。しょうめんはかんつうとびらのさゆうにくろしろみどりのひげ、そくめんはみどりいろのおびのはいったすてんれすでんしゃ。

2024.5.1 (13) おたる1ばん - くっちゃんいきふつう 2000-1500

1ばんのりばにいどう。これがくっちゃんいきふつうか。このでんしゃでよいちまでいく。1りょうへんせい、しゃりょうばんごう「えっち100-12」。しょうめんはだいぶぶんがくろいろで、まどしたちゅうおうにきいろいおび、りょうはしにきみどりいろのおび、そくめんはきみどりいろのおび。きのうのよるのえきけんぶつでみた、よいちほうめんからきたでんしゃとおんなじだ。さっぽろとしけんからはずれる、おたるからにしはこんなでんしゃがはしっとるだ。

2024.5.1 (16) くっちゃんいきふつう - おたる 2000-1500
2024.5.1 (18) くっちゃんいきふつう - おたる 2000-1500

のりこんでみると、ざせきはみどりいろで、ぼっくすしーととべんちしーとのまざったはいち。

2024.5.1 (17) くっちゃんいきふつう - おたる 2000-1500

しゅっぱつをまつうちに、ひだりそくせんからかいそうでんしゃがよいちほうめんにでていく。

2024.5.1 (19) おたる2ばん - ひがしいきれっしゃ 2000-1500

むかいの2ばんのりばに、さっぽろほうめんにいくでんしゃがはいってくる。

2024.5.1 (20) くっちゃんいきふつう - おたるしゅっぱつ 1730-1430

6じ13ぷん、おたるをしゅっぱつ。このでんしゃがおたるのさんばんでんしゃになるだけど、よいちほうめんにはいちばんでんしゃになる。

2024.5.1 (21) くっちゃんいきふつう - おたるしゅっぱつ 1720-1420

なんぼんものせんろがしゅうやくされていく。

2024.5.1 (22) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1356-1200

ひだりにくねりながら、やまんなかにはいっていく。きのうさっぽろほうめんからおたるにくるときは、さいごかいがんせんをとおってきたけど、おたるからにしは、さいしょやまんなかにはいっていくだ。

2024.5.1 (23) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1670-1350

せんろがたんせんになって、みぎにひだりにくねりながらやまんなかにはいっていく。さゆう、やまのしゃめんしたのほうはじゅうたくち。

2024.5.1 (24) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1600-1200

さらにくねりながら、やまにはいっていく。

2024.5.1 (25) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 2000-1500

せんろわき、ところどころにさくらのきをみながら、でんしゃは50きろですすむ。

2024.5.1 (26) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1638-1350

ひだりにくねりながら50きろですすむ。

2024.5.1 (27) おたるしおやかん(おたもいとんねる) 1380-1200

おたもいとんねるをくぐる。

2024.5.1 (28) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1530-1350

ふみきりわきにまたさくらのき。

2024.5.1 (29) おたるしおやかん(とんねる) 1600-1200

ひだりにくねりながらとんねるをくぐる。

2024.5.1 (30) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1400-1050

とおくにゆきやま。

2024.5.1 (31) くっちゃんいきふつう - おたるしおやかん 1320-1170

みぎにくねっていく。

みぎしたにいっしゅんうみがみえた。

2024.5.1 (32) くっちゃんいきふつう - しおや 1890-1500

えきだ。まわりをもりにかこまれたなか、しろいこせんきょうのえき。りょうぶくらみのいきちがいぶんきを、ひだりにはいっていく。

2024.5.1 (33) くっちゃんいきふつう - しおや 1800-1350

ていしゃ。えきのなまえはしおやだった。

2024.5.1 (34) くっちゃんいきふつう - しおや(えきしゃ) 1800-1350

はんたいのりばにえきしゃ。こんなえきでもちゃんとえきしゃがあるだ。ほっかいどうはさぶいで、ふゆにのざらしででんしゃをまっとるとこごえちゃうのかもしれん。

2024.5.1 (35) しおや(おたるいきふつう) 1670-1370
2024.5.1 (36) しおや(おたるいきふつう) 1980-1500

いっぱいきゃくをのせたでんしゃがはんたいのりばにはいってくる。1りょうへんせいのおたるいきふつうだ。しゃりょうばんごう「えっち100-5」。

2024.5.1 (37) しおやらんしまかん(うみ) 1800-1350

しおやをでて、みぎ、やまのむこうにいしかりわんのうみ。

2024.5.1 (38) しおやらんしまかん(うみ) 1600-1200

さらにうみ。

2024.5.1 (39) しおやらんしまかん(とんねる) 1400-1200

とんねるをくぐってひだりにくねっていく。

2024.5.1 (40) しおやらんしまかん(とんねる) 1800-1320

ひだりにくねりながら、またとんねるをくぐる。

2024.5.1 (41) しおやらんしまかん(ももうちとんねる) 1530-1350

そくどがあがって80きろですすむ。

2024.5.1 (42) しおやらんしまかん(ももうちとんねる) 1790-1500

ももうちとんねるをくぐる。

2024.5.1 (43) しおやらんしまかん(おしょろとんねる) 1730-1500

みぎにくねりながら、おしょろとんねるをくぐる。

2024.5.1 (44) くっちゃんいきふつう - しおやらんしまかん 1530-1350

やますそのこだちのなか、くだっていく。

2024.5.1 (45) くっちゃんいきふつう - しおやらんしまかん 1700-1500

みぎにくねっていく。

2024.5.1 (46) くっちゃんいきふつう - らんしま 1680-1500

ふたつめのえきだ。まわりをこだちにかこまれたなか、あおいやねのこせんきょうのえき。りょうぶくらみのいきちがいぶんきを、ひだりにはいっていく。

2024.5.1 (47) くっちゃんいきふつう - らんしま 1940-1450

ていしゃ。えきのなまえはらんしまだった。

2024.5.1 (48) くっちゃんいきふつう - らんしま(えきしゃ) 2000-1500

はんたいのりばにえきしゃ。しおやとほとんどおんなじかたちのえきしゃだ。

2024.5.1 (49) くっちゃんいきふつう - らんしまよいちかん 1450-1280

とんねるにむかっていく。

2024.5.1 (50) らんしまよいちかん(うみ) 1800-1350

とんねるのてまえ、みぎ、すぐほこにうみ。

2024.5.1 (51) らんしまよいちかん(やま) 2000-1500

とんねるをくぐって、まえのほうとおくにたっかいゆきやま。しゃこたんはんとうのやまか。

2024.5.1 (52) らんしまよいちかん(やま) 1600-1450

ゆきやまにむかってすすむ。

2024.5.1 (53) らんしまよいちかん(やま) 1930-1500
2024.5.1 (54) くっちゃんいきふつう - らんしまよいちかん 1730-1500

ゆきやまにむかってすすみながら、さゆうがまちんでくる。

2024.5.1 (55) くっちゃんいきふつう - らんしまよいちかん 1800-1350

ひだりにくねる。

2024.5.1 (56) くっちゃんいきふつう - らんしまよいちかん 1630-1420
2024.5.1 (57) くっちゃんいきふつう - らんしまよいちかん 1800-1500

さらにひだりにくねっていくとこで、みぎせんろわきにさくらのき。ふみきりわきに、またさくらのき。

2024.5.1 (58) くっちゃんいきふつう - よいち 1700-1500

ひだりにくねりながら、いきちがいぶんきをひだりにはいっていく。

2024.5.1 (59) くっちゃんいきふつう - よいち 1800-1500

よいちだ。

2024.5.1 (60) くっちゃんいきふつう - よいち 1580-1500
2024.5.1 (61) くっちゃんいきふつう - よいち 1960-1500

よいちはしましきのりばみぎがわの2ばんのりばにとうちゃく。6じ37ふん。

2024.5.1 (62) よいち - くっちゃんいきふつう 2000-1500
2024.5.1 (63) よいち - くっちゃんいきふつう 2000-1500

でんしゃをおりる。

2024.5.1 (64) よいち - くっちゃんいきふつう 1960-1500

のってきたでんしゃをみおくり。

2024.5.1 (65) よいち - こせんきょうからのながめ 2000-1500

ふぉーっ! こせんきょうからのながめのすばらしいこと。まっすぐみなみにむかっていくせんろ。いまみおくったでんしゃがとおってったせんろだ。まっすぐやまにむかっていく。

むかいの1ばんのりばにおりてかいさつをでる。にしがわにえきしゃがあるだ。

2024.5.1 (66) よいち - じこくひょう 1780-2160

えきしゃんなかでじこくひょうをかくにん。かえりのでんしゃは7じ2ふんさっぽろいきふつうだ。ところで、きっぷがかえん。かえりのきっぷをかっとかあっておもうだけど、きっぷうりばもしまっとるし、じどうけんばいきもない。

【よいちえきのじこくひょう】

2024.5.1 (68) よいち - えきしゃ 2000-1500

はいってくるひとたちとすれちがいながら、えきしゃをでる。りっぱなえきしゃだ。

かえりのでんしゃがくるまでのほんのつかのま、まちあるき。えきまえどおりをまっすぐにしにいく。

2024.5.1 (69) よいちえきまえじゅうじがいばすてい 1980-1500

しんごうこうさてんかどのばすていに、ばすまちのひとたち。

2024.5.1 (70) にっかうゐすきーよいちじょうりゅうじょ 2000-1500

にっかうゐすきーよいちじょうりゅうじょにとうちゃく。まんなかにがいせんもんみたいないしづくりのもんがあって、ほっからみぎうしろ、ひだりうしろにあっかいやねのたてもんがのびていく。これがあの、まっさんのうゐすきーこうじょうか。うつくしいたてもんだ。

【にっかうゐすきーよいちじょうりゅうじょ】

えきにもどって、きっぷがかえんままかいさつをはいる。

2024.5.1 (73) よいち - さっぽろいきふつう 1990-1500

かいさつちょっけつの1ばんのりばは、でんしゃまちのひとでいっぱい。こんなにようけのれるのか。

2024.5.1 (75) よいち - さっぽろいきふつう 2000-1500

でんしゃがきた。しょうめんがあおくろしろのこっきっぽい、3りょうへんせいのすてんれすでんしゃで、しゃりょうばんごうせんとう「きは201-102」。いや、これならのりばにいっぱいおるひとたちものれるわ。7じ2ふん、よいちをしゅっぱつ。

ところでまえがみえん。うんてんしつときゃくしつをへだてるかべのすべてのまどがとざされとるだ。

2024.5.1 (76) さっぽろいきふつう - よいちらんしまかん 1950-1500

しゃしょうさんがまわってきて、きっぷをかう。おたるまで440えん。

らんしまにていしゃ。

2024.5.1 (77) しおや(しかりべついきふつう) 2000-1500

やまんなか、しおやにていしゃ。ここではんたいでんしゃといきちがい。2りょうへんせいで、しゃりょうばんごう1りょうめ「えっち100-1」、2りょうめ「えっち100-2」。

しおやをでてとんねるがちになって、そくどがゆるんでくる。

やまをこえておたるにむかってくだっていくとこで、「おたるからまえに3りょうつないで6りょうになる」ってしゃないほうそう。

2024.5.1 (78) おたる - さっぽろいきふつう 2000-1500

やまをこえておたるは1ばんのりばにとうちゃく。れんけつさぎょうがはじまるのをみて、かいさつをでる。

2024.5.1 (81) おーせんとほてるおたる - あさめし 1500-2000

つまのまつやどにもどってあさめし。やっとあさめしだ。じょうひんなわしょくに、ばたーかけごはん。たまごかけごはんならぬばたーかけごはん。いや、こんなのあるのか。ばたーはあかいがわむらやまなかぼくじょうのぷれみあむはっこうばたー。でざーとにしおあいす。ごちそうさまでした。

【おたるであさめし】

2024.5.1 (83) おーせんとほてるおたる - おたるみなと 2000-1500

へやでひとやすみして、ちぇっくあうと。

【おーせんとほてるおたる】

2024.5.1 (85) おかもとまこと - にしんばやんしゅう 1470-2000

えきにむかうとちゅう、みやこどおりあーけーどがいをぬけたむこうのびるのへきめんのくぼみに、どうぞうをはっけん。「にしんばあみしゅう」ってかいて「にしんばやんしゅう」ってよむ。やんしゅうってのはりょうしのいみ。やしろあきさんの『いしかりばんか』に「ごめがなくから にしんがくると あかいつっぽの やんしゅがさわぐ」ってもんくがあるけど、ほのやんしゅだ。にしんでさかえたむかしをしのんでたてたどうぞうだ。

2024.5.1 (86) おたるえき - げんかん 1900-1500

えきにとうちゃく。

2024.5.1 (88) おたるえき - いしかわたくぼくうたのいしぶみ 1420-2000

えきまえろーたりーのきたがわ、かいだんをあがったとこに、いしかわたくぼくうたのいしぶみ
「こをおいて ゆきのふきいるていしゃばに われみおくりしつまのまゆかな」 たくぼく
もりおかからはこだて、おたるってうつりすんできたいしかわたくぼくだけど、さらにさいしをおたるにおいてくしろにいく。ほのおたるをでるときにうたったのがこのうただ。

いしかわたくぼくうたのいしぶみからおくにいって、さんかくいちばをけんぶつ。

2024.5.1 (89) おたるえき - きっぷうりば 1970-1500

じどうけんばいきできっぷをかってかいさつをはいる。おたるからしんちとせくうこうまでひとり1,910えん。

5ばんのりばにあがって、「るたお」のえきめいばんのまえできねんさつえい。

1ばんのりばから、いわみざわいきふつうがでていくのをみおくり。さっぽろとしけんひがしのはしいわみざわまでいくでんしゃだ。

2024.5.1 (93) おたる5ばん - おたるいきえあぽーと 1970-1500

さて、5ばんのりばにえあぽーとがはいってくる。おりかえし、しんちとせくうこういきとくべつかいそくえあぽーとになるでんしゃだ。このでんしゃにのってさっぽろとしけんのみなのはしまでいく。しんちとせくうこうでひこうきにのりかえて、ほっかいどうをあとにする。

2024.5.1 (94) おたる5ばん - しんちとせくうこういきえあぽーと 1980-1470

でんしゃは733けい6りょうへんせい。しょうめんはかんつうとびらのさゆうにくろしろみどりのひげ、そくめんはみどりいろのおびのはいったすてんれすでんしゃ。しゃりょうばんごうせんとう「くは733-3105」。

2024.5.1 (95) しんちとせくうこういきえあぽーと - おたる 1200-1600

のりこんで、しゅっぱつまち。うんてんしつのうしろからかんつうとびらごしにまえをながめとるとこで、うんてんしさんのほかにまあひとりのっとったてつどういんさんが、なにごとかってきいてくる。いや、ただまえのけしきをたのしんでいきたいだけだってこたえる。ほっかいどうのでんしゃで、まえをみていくひとはすくないみたいだ。
10じ53ぷん、おたるをしゅっぱつ。

2024.5.1 (96) えあぽーと - おたるみなみおたるかん 2000-1500

おたるのまちよさようなら。

2024.5.1 (97) えあぽーと - おたるみなみおたるかん 1320-1320
2024.5.1 (98) えあぽーと - みなみおたる 1450-1340 2024.5.1 (99) えあぽーと - みなみおたる 1340-1340

みなみおたるにていしゃ。てみやせんがここでごうりゅうしとった。

2024.5.1 (100) みなみおたるおたるちっこうかん 1800-1350

まんだまちなみはつづく。

2024.5.1 (101) おたるちっこう(えあぽーと) 1720-1350 2024.5.1 (102) えあぽーと - おたるちっこう 1800-1350

ひだりにくねりながら、はんたいでんしゃのおるおたるちっこうにていしゃ。

2024.5.1 (103) えあぽーと - くまうすとんねる 1240-1080

くまうすとんねるをくぐる。

2024.5.1 (104) えあぽーと - おたるちっこうあさりかん 2000-1500 2024.5.1 (105) えあぽーと - おたるちっこうあさりかん 1400-1050

ひだりにいしかりわんのうみ。とりがとぶ。

2024.5.1 (106) えあぽーと - おたるちっこうあさりかん 2000-1500

うみのむこうにやま。やまのいただきにゆき。

2024.5.1 (107) えあぽーと - おたるちっこうあさりかん 2000-1500

こころがあらわれる。

2024.5.1 (108) えあぽーと - あさり 1480-1120 2024.5.1 (109) えあぽーと - あさりぜにばこかん 1400-1200

あさりをつうかして、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (110) えあぽーと - あさりぜにばこかん 1330-1330 2024.5.1 (111) えあぽーと - あさりぜにばこかん(とんねる) 1600-1200

うみ。とんねる。

2024.5.1 (112) えあぽーと - あさりぜにばこかん 2000-1500

うみとゆきやま。

2024.5.1 (114) えあぽーと - あさりぜにばこかん(おおいわ) 1800-1350

なみうちぎわにおおいわ。

2024.5.1 (115) えあぽーと - あさりぜにばこかん 1620-1230 2024.5.1 (116) えあぽーと - あさりぜにばこかん 1600-1200

うみ。うみ。

2024.5.1 (117) えあぽーと - ぜにばこ 1200-1200

なかせんにとめおきでんしゃのとまるぜにばこをつうか。

2024.5.1 (118) えあぽーと - ほしみ 940-1040

ほしみをつうか。

2024.5.1 (119) えあぽーと - ほしおき 950-1020

ほしおきをつうか。

2024.5.1 (120) えあぽーと - いなほ 930-930

いなほをつうか。

2024.5.1 (121) えあぽーと - いなほていねかん 930-1000

ひだりにくねっていくとこで、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (122) えあぽーと - ていね 1630-1270 2024.5.1 (123) えあぽーと - ていね 1620-1350

ていねにていしゃ。はんたいでんしゃもおる。まちあいでんしゃもおる。のってくるひともいっぱいおる。にぎやかなえきだ。

2024.5.1 (124) えあぽーと - ていねいなづみこうえんかん 1350-1200 2024.5.1 (125) えあぽーと - いなづみこうえん 1450-1200

こうかのいなづみこうえんをつうか。

2024.5.1 (126) えあぽーと - はっさむ(ふつう) 1120-1150 2024.5.1 (127) えあぽーと - はっさむ 1120-1350

はんたいでんしゃとすれちがって、はっさむをつうか。

2024.5.1 (128) えあぽーと - はっさむちゅうおう 980-1050

はっさむちゅうおうをつうか。

2024.5.1 (129) えあぽーと - ことに 1200-1000 2024.5.1 (130) ことに - えあぽーと 2000-1440

こうかをあがって、ひだりにくねりながらことににていしゃ。

2024.5.1 (131) えあぽーと - ことにそうえんかん 1790-1350 2024.5.1 (132) えあぽーと - がくえんとしせん 1980-1500

ひだりからがくえんとしせんのこうかがごうりゅうしてくる。このがくえんとしせんのしゅうてんほっかいどういりょうだいがくがさっぽろとしけんのきたのはしになる。

2024.5.1 (133) そうえん(あいのさとこうえんいきふつう) 1620-1350 2024.5.1 (134) えあぽーと - そうえん(おたるいきふつう) 800-600

そうえんは2ばんのりばにていしゃ。ひだり3ばんのりばにがくえんとしせんあいのさとこうえんいきふつう。みぎ、むかいの1ばんのりばにおたるいきふつう。

2024.5.1 (135) えあぽーと - そうえんさっぽろかん 2000-1500 2024.5.1 (136) えあぽーと - さっぽろ 1300-1290

としんのびるぐんをみて、さっぽろのこうないにはいっていく。

2024.5.1 (137) えあぽーと - さっぽろ 2000-1500 2024.5.1 (138) えあぽーと - さっぽろ 2000-1500

さっぽろは5ばんのりばにていしゃ。じょうきゃくがおおきくいれかわる。むかいの6ばんのりばに721けいすてんれすでんしゃ。

2024.5.1 (139) えあぽーと - さっぽろしゅっぱつ 1800-1350

うんてんしさんがこうたい。いっしょにのっとったてつどういんさんもおりて、さっぽろをしゅっぱつ。

2024.5.1 (140) えあぽーと - さっぽろなえぼかん 830-1250

とめおきのほくとをまんなかにはさんで、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (141) えあぽーと - さっぽろなえぼかん 1060-1640

ひだりにしゃりょうきちにはいっていくあおいろのとっきゅうをあとおい。

2024.5.1 (142) えあぽーと - なえぼ 1600-1190 2024.5.1 (143) えあぽーと - なえぼしろいしかん 1530-1350

ひだりにくねりながらなえぼをつうか。せんろは4せん。

2024.5.1 (144) えあぽーと - なえぼしろいしかん 766-1120

みぎにくねっていく。

2024.5.1 (145) えあぽーと - とよひらがわ 1800-1350 2024.5.1 (146) えあぽーと - なえぼしろいしかん 1600-1200

とよひらがわをわたる。さっぽろのまちはこのかわのせんじょうちのうえにある。

2024.5.1 (147) えあぽーと - なえぼしろいしかん 1750-1500 2024.5.1 (148) えあぽーと - なえぼしろいしかん 1730-1500

そとがわせんからえあぽーと、うちがわせんからほくと、ってたてつづけにやってきたでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (149) えあぽーと - しろいし 1500-1350 2024.5.1 (150) えあぽーと - しろいしへいわかん 1800-1350

しろいしをつうか。みぎにさっぽろかもつたーみなる。

2024.5.1 (151) えあぽーと - へいわ 1480-1200

へいわをつうか。

2024.5.1 (152) へいわしんさっぽろかん(ふつう) 1730-1350

せんろが2せんになって、みぎにくねりながらはんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (153) へいわしんさっぽろかん(てっきょう) 890-1380 2024.5.1 (154) えあぽーと - しんさっぽろ 1600-1200

てっきょうをわたって、しんさっぽろにていしゃ。

2024.5.1 (155) しんさっぽろかみのっぽろかん(えあぽーと) 600-850

ひだりにくねりながら、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (156) えあぽーと - かみのっぽろ 640-1240

ひだりにくねりながら、かみのっぽろをつうか。

2024.5.1 (157) えあぽーと - かみのっぽろきたひろしまかん 575-760

ひだりにくねりながら、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (158) えあぽーと - かみのっぽろきたひろしまかん 1300-1200

くだりざかをいく。

2024.5.1 (159) えあぽーと - かみのっぽろきたひろしまかん 1600-1200 2024.5.1 (160) かみのっぽろきたひろしまかん 1600-1200

ひだりにじゅうたくちがひろがる。

2024.5.1 (161) えあぽーと - きたひろしま 1600-1200 2024.5.1 (162) えあぽーと - きたひろしま 1600-1200

はんたいせんにでんしゃのとまるきたひろしまをつうか。

2024.5.1 (163) えあぽーと - きたひろしましままつかん 1370-1200

はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (164) えあぽーと - きたひろしましままつかん 1600-1200

ひだりにたんぼがひろがる。

2024.5.1 (165) えあぽーと - しままつ 1600-1200

しままつをつうか。

2024.5.1 (166) えあぽーと - めぐみの 1340-1200 2024.5.1 (167) えあぽーと - めぐみのえにわかん 1600-1200

めぐみのをつうか。いざりがわをわたる。

2024.5.1 (168) えあぽーと - えにわ 1500-1200 2024.5.1 (169) えにわさっぽろびーるていえんかん 1600-1200

えにわをつうか。はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (170) えあぽーと - さっぽろびーるていえん 1600-1200

さっぽろびーるていえんをつうか。

2024.5.1 (171) えあぽーと - おさつ 1300-1200

おさつをつうか。

2024.5.1 (172) えあぽーと - おさつちとせかん 650-900 2024.5.1 (173) えあぽーと - おさつちとせかん 1070-1400

こうかをあがって、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.5.1 (174) えあぽーと - ちとせ 1560-1200
2024.5.1 (175) えあぽーと - ちとせ 1560-1200

ちとせをつうか。いや、こんなおおきなえきなのにつうかするのか。

2024.5.1 (176) えあぽーと - ちとせみなみちとせかん 1800-1350

ひだりにまちがひろがる。

2024.5.1 (177) ちとせみなみちとせかん(とっきゅう) 1800-1350

ほくととすれちがい。

2024.5.1 (178) えあぽーと - みなみちとせ 1420-1200 2024.5.1 (179) みなみちとせ(えあぽーと) 1380-1200

みなみちとせにていしゃ。はんたいせんに、しんちとせくうこうからきたえあぽーとがはいってくる。

2024.5.1 (180) みなみちとせしんちとせくうこうかん 950-1350

しゅっぱつして、ちかにもぐっていく。ちへいをとまこまいにむかってのびていくせんろからえだわかれして、ちかにもぐっていく。

2024.5.1 (181) しんちとせくうこうえき - えあぽーと 1960-1500

12じ6ぷん、しゅうてん、しんちとせくうこうえきにとうちゃく。ここがさっぽろとしけんのみなみのはしだ。

2024.5.1 (182) しんちとせくうこうえき 1530-1200

のりばのえすかれーたーでうえにあがっていく。

2024.5.1 (183) しんちとせくうこう 1960-1500

かいさつからさらにうえにあがっていったとこがくうこうのたてもん。まったくそとにでることなく、えきからほのままうえにあがったとこがくうこうだった。いや、にぎやかではなやかなくうこうだ。

2024.5.1 (184) しんちとせくうこう - ろめんでんしゃ 2000-1500

しょくどうがいのいっかくにろめんでんしゃのてんじ。ほうこうまくに「ちとせひこうじょう」ってかいてあるけど、たぶんさっぽろのろめんでんしゃだ。ちいさなこどもをつれたおかあさんたちがたのしそうにのっとる。

【ちとせひこうじょういきろめんでんしゃ】

2024.5.1 (185) しんちとせくうこう - てんぷらそば 1580-1200

せんとれあいきひこうきにのるまえにひるめし。ほっかいどうさいごのめしはてんぷらそば。

2024.5.1 (186) しんちとせくうこう - かっそうろ 1600-1200

しゅっぱつまち。かっそうろのむこうにでんしゃがいくのがみえる。いきにのぼりべつからおたるまででんしゃをのりついでいくときにも、せんろわきにかっそうろやひこうきがみえたけど、せんろとひこうじょうがこんなにちかくにあるだ。

2024.5.1 (187) しんちとせくうこう - せんとれあいき 1500-1940

あなきがみえる。

2024.5.1 (188) しんちとせくうこう - せんとれあいき 1500-2000

のりこむ。

2024.5.1 (189) せんとれあいき - しんちとせくうこう 2000-1500

ざせきは22れつめ、みぎ3せきのうちのつうろがわのせきとまんなかのせき。

2024.5.1 (190) せんとれあいき - しんちとせくうこうりりく 1208-1675

とびたつ。

2024.5.1 (190あ) ほっかいどうよさようなら 1500-2000

ほっかいどうよさようなら。

どれぐらいねむっとったことか。みみつんでめがさめる。

ちょっとしてみみぬけ。

きりゅうのみだれできたいがゆれる。すちゅわーですさんがしんぱいいりませんっていってくれる。

ちゃくりくたいせいにはいる。

みぎしたになごやみなとがみえる。

2024.5.1 (190い) せんとれあちゃくりく 1200-1290 2024.5.1 (190う) せんとれあ 1200-1600

ちゃくりく。

2024.5.1 (190え) せんとれあ 1200-1200 2024.5.1 (190お) せんとれあ 1990-1440

のってきたひこうきをみとどけ。

せんとれあからめいてつでうちにかえる。

(2024ねん5がつついたち、すいようび、へいじつ)

◇            ◇

じょうしゃきろく

  • あさめしまえのでんしゃさんぽ
    • おたる 6:13 → (はこだてせん=くっちゃんいきふつう) → 6:37 よいち
      〔19.9きろ、24ぷん、じそく49.8きろ、440えん〕
    • よいち 7:02 → (はこだてせん=さっぽろいきふつう) → 7:22 おたる
      〔19.9きろ、20ぷん、じそく59.7きろ、440えん〕
      しかりべつからおたるまでのろせんず 1260-760
  • やどをでてしんちとせくうこうまで
    • おたる 10:53 → (はこだてせん~ちとせせん=しんちとせくうこういきとくべつかいそくえあぽーと) → 12:06 しんちとせくうこう
      〔80.4きろ、1じかん13ふん、じそく66.1きろ、1,910えん〕
      2024.4.30 てつどうぴくとりある - さっぽろとしけんろせんず 1320-1800
  • ひこうきでせんとれあまで
    • しんちとせくうこう 14:25 → (あな710びん) → 16:10 せんとれあ
  • めいてつでうちにかえる
    • せんとれあ 17:06 → (くうこうせん~とこなめせん=なごやいきみゅーすかい *1) → 17:28 じんぐうまえ
      〔33.5きろ、22ふん、じそく91.4きろ
    • じんぐうまえ 17:40 → (なごやほんせん=とよはしいきとっきゅう *2) → 17:58 しんあんじょう
      〔23.9きろ、18ぷん、じそく79.7きろ
    • しんあんじょう 18:07 → (にしおせん=にしおいきふつう) → 18:15 ふるい
      〔5.7きろ、8ぷん、じそく42.8きろ、せんとれあからふるいまで1,850えん *3

【ほっかいどうのたびみっかめ】
【ほっかいどうのたびふつかめ】
【ほっかいどうのたびいちんちめ】

*1:とくべつしゃ4ごうしゃ。11えー、11びー。みぎ2せき。はしらまえ。

*2:ぱのらますーぱー。とくべつしゃ2ごうしゃ。7えー、7びー。ひだり2せき。はしらかげ。

*3:じょうしゃりょうきん1,400えん+とくべつしゃりょうきん450えん=1,850えん

ほっかいどうのたびみっかめ

2024.4.30 (10) のぼりべつ - とまこまいいきふつう 2000-1500 2024.4.30 (54) みなみちとせ - おたるいきえあぽーと 2000-1500
2024.4.30 (132) おたるうんが 2000-1500 2024.4.30 (135) おたるおるごーるどう(いわながとけいてん) 1980-1500

ほっかいどうのたびみっかめ。あさ、のぼりべつおんせんのやどをしゅっぱつ、でんしゃのりつぎでおたるまでいどう、しないけんぶつ、しないにとまりってこうていになる。

〔あさでんしゃにのるまで〕 (はなゆらであさめし)
(のぼりべつえきででんしゃけんぶつ)
〔でんしゃいどう〕 (とまこまいいきふつう)
(ちとせいきふつう)
(おたるいきとくべつかいそくえあぽーと)
〔おたるしないけんぶつ〕 (きゅうにほんぎんこうおたるしてん)
(ひるめし)
(おたるうんが)
(きゅうひゃくじゅうさんぎんこうおたるしてん)
(いわながとけいてん)
(ばんめし)
(おたるえきけんぶつ)
[じょうしゃきろく]

◇            ◇

あさでんしゃにのるまで

2024.4.30 (1) はなゆら - あさめし 1600-1130

のぼりべつおんせんのやど、はなゆらであさめし。

みじたくをととのえてすぐにしゅっぱつ。たのんどいたたくしーにのる。

2024.4.30 (2) のぼりべつ - えきしゃ 2000-1500

のぼりべつえきにとうちゃく。まどぐちでおたるまでのきっぷをかう。とっきゅうりょうきんなしのじょうしゃりょうきんだけのきっぷだ。めずらしいひともおるもんだってかおされたけど、とっきゅうつかってもさっぽろまでしかいかんで、どっちみちのりつがにゃいかんだ。とうちゃくじかんもたいさない。

のるでんしゃがくるまでじかんがあるだけど、べつのでんしゃがとうちゃくするみたいで、かいさつをはいってみる。じぇーあーるほっかいどうは、のるでんしゃのちょっとまえにかいさつしてくれるしくみになっとるだけど、えきいんさんにでんしゃけんぶつしたいっていって、かいさつをはいる。つまをのこして、ひとりはいる。

2024.4.30 (3) のぼりべつ1ばん - のぼりべついきふつう 2000-1500

きた、きた。かいさつちょっけつの1ばんのりばに、むろらんほうめんからはいってきたのは、のぼりべついきふつう。かくかくしたかたちの2りょうへんせいすてんれすでんしゃで、しゃりょうばんごうせんとう「えっち100-28」。しょうめんはだいぶぶんがくろいろで、まどしたちゅうおうにきいろいおび、りょうはしにきみどりいろのおび、そくめんはきみどりいろのおび。

2024.4.30 (4) のぼりべつ1ばん - のぼりべついきふつう 2000-1500

うしろのしゃりょうはまったくべつのとそう。しゃりょうばんごううしろ「えっち100-85」。ぜんたいにうえはんぶんがくりーむいろ、したはんぶんがしゅいろのにしょくとそう。しょうめんはくろいろがきほんで、まどしたちゅうおうにみじかいきいろいおび、りょうはしにそくめんとおんなじにしょくとそう。

2024.4.30 (5) のぼりべつ2ばん - はこだていきほくと 2000-1500

こんどは、せんろをへだてたむこうのしましきのりばこっちがわ2ばんのりばに、とまこまいほうめんからとっきゅうほくとがはいってくる。

2024.4.30 (6) のぼりべつ2ばん - はこだていきほくと 1760-1500

しゃりょうばんごう4ごうしゃ「きは260-1401」。きのうはこだてからのったほくとの4ごうしゃは「きは260-1330」。ひょっとしてっておもったけど、ちがうでんしゃだった。

2024.4.30 (7) のぼりべつ1ばん - ひがしむろらんいきふつう 2000-1500

ところで、1ばんのりばにとまっとったでんしゃが、ほうこうまくを「ひがしむろらんいきふつう」にかえて、おりかえしでていく。まあ、ここのぼりべつもむろらんとしけんないにあるってことかな。

いったんかいさつをでて、つまとごうりゅう。

2024.4.30 (8) のぼりべつ - ばすうんこうじょうきょう 1710-1240

まちあいしつんなかに、でんこうひょうじのばすじこくひょうをはっけん。ばすにのるひともおんなじまちあいしつなのか。ふゆのさぶさがきびしいほっかいどうだで、ばすをまつにもろてんじゃあつらいってわけか。いきさきをたしかめてみると、のぼりべつおんせん、ほろべつっていうちかいとこのほか、むろらん、とまこまい、さっぽろとかある。けっこうばすでとおくまでいくひともあるのかな。

2024.4.30 (9) のぼりべつ - とっきゅうじこくひょう 2120-1600

きっぷうりばのうえのかべにとっきゅうじこくひょう。やっぱりとっきゅうしゅたいだ。はこだていきがほくとだけなのにたいして、さっぽろいきはほくとのほかにすずらんもあってほんすうがおおい。すずらんはむろらんとさっぽろをむすぶとっきゅうだ。

でんしゃいどう

2024.4.30 (10) のぼりべつ - とまこまいいきふつう 2000-1500

さて、つまとふたりかいさつをはいって、1ばんのりばにはいってきたとまこまいいきふつうにのる。でんしゃは2りょうへんせいで、しゃりょうばんごうせんとう「くは737-1」、うしろ「くもは737-1」、2022ねんひたちせいぞう。さっきみた2ほんのでんしゃはきどうしゃだったけど、こんどはしょうしんしょうめいのでんしゃだ。しょうめんはだいぶぶんがくろいろで、まどしたりょうはしにきいろとみどりいろのひげ、そくめんはぼんやりしたしろいろ。

2024.4.30 (11) とまこまいいきふつう - のぼりべつしゅっぱつ 2000-1460 2024.4.30 (12) とまこまいいきふつう - ふしこべつとんねる 1600-1200

とうほくほうこうにむけてしゅっぱつ。せんろはふくせん。すぐにとんねるをくぐる。ふしこべつとんねるってなまえだ。

2024.4.30 (13) とまこまいいきふつう - こじょうはま 1450-1200 2024.4.30 (14) こじょうはま - ひがしむろらんいきふつう 1600-1200

つよまってきたあめんなか、こじょうはまにていしゃ。りっきょうをこせんきょうがわりにつかっとるわびしいえきだ。まんだていしゃしとるとこで、はんたいでんしゃがやってくる。こっちとおんなじかたちのでんしゃで、ひがしむろらんいきふつう。

2024.4.30 (15) とまこまいいきふつう - こじょうはまたけうらかん 1600-1200

みぎにばかでっかいくまのどうぞう。ほのむこうにたいへいようのうみ。

2024.4.30 (16) とまこまいいきふつう - たけうら 1600-1200 2024.4.30 (17) たけうら - ほしゅようしゃりょう 2000-1500

たけうらにていしゃ。こんどはちゃんとしたこせんきょうがある。ひだりそくせんにほせんしゃりょう。あーるあーる16えむ6びー-49。

2024.4.30 (18) とまこまいいきふつう - たけうらきたよしはらかん(しきうがわ) 1600-1200

みぎ、はしのむこうにうみ。

2024.4.30 (19) とまこまいいきふつう - きたよしはら 1460-1190 2024.4.30 (20) とまこまいいきふつう - きたよしはら 1600-1200

きたよしはらにていしゃ。

2024.4.30 (21) きたよしはらはぎのかん - すずらん 1600-1200

すずらんとすれちがい。かんつうとびらのうえににかいせきうんてんせきがあるってのは、ほくととおんなじだけど、かんつうとびらのいろがすずらんはくろ、ほくとはきいろってちがいがあるみたいだ。

2024.4.30 (22) とまこまいいきふつう - はぎの 1600-1200 2024.4.30 (23) とまこまいいきふつう - はぎの 1600-1200

はぎのにていしゃ。しましきのりばだ。

2024.4.30 (24) とまこまいいきふつう - はぎのしらおいかん(しらおいがわ) 1200-900

みぎ、ふたつのはしのむこうにうみ。

2024.4.30 (25) とまこまいいきふつう - しらおい 1220-1170 2024.4.30 (28) とまこまいいきふつう - しらおい 2000-1500
2024.4.30 (26) しらおい - とまこまいいきふつう 2000-1500

しらおいにていしゃ。しましきのりばそとがわの3ばんのりばにていしゃ。まちあい。

2024.4.30 (27) しらおい - さっぽろいきほくと 2000-1500

むかいの2ばんのりばにさっぽろいきほくとがはいってきて、さきにでていく。しゃりょうばんごうなんりょうめか「260-1310」。

2024.4.30 (29) とまこまいいきふつう - しらおいしゅっぱつ 1540-1200

さて、わがとまこまいいきふつうのしゅっぱつ。

2024.4.30 (30) とまこまいいきふつう - しらおいしゃだいかん 1600-1200 2024.4.30 (31) とまこまいいきふつう - しゃだい 1600-1200

しゃだいにていしゃ。

2024.4.30 (32) とまこまいいきふつう - しゃだいにしきおかかん 1600-1200

みぎにうみ。

2024.4.30 (33) とまこまいいきふつう - しゃだいにしきおかかん 1600-1200 2024.4.30 (34) とまこまいいきふつう - しゃだいにしきおかかん 1600-1100

うみ。うみ。

2024.4.30 (35) とまこまいいきふつう - にしきおか 1480-1200 2024.4.30 (36) とまこまいいきふつう - にしきおか 2000-1500

にしきおかにていしゃ。えきしゃからでてきたひとたちがのりこんでくる。

2024.4.30 (37) とまこまいいきふつう - いとい 1500-1200

いといにていしゃ。そまつなえきだけどのりおりがおおい。

2024.4.30 (38) とまこまいいきふつう - あおば 1200-1600

あおばにていしゃ。いっぱいのってくる。ところで、うんてんしさんとおりるおじいさんがやりとりをしとる。なににてまどっとるかわからんだけど、こっちはつぎのとまこまいででんしゃをのりつぐだけに、きがきじゃあない。けっきょく、ていこくから4ぷんもおくれてしゅっぱつ。

2024.4.30 (39) とまこまいいきふつう - とまこまい 1200-1600 2024.4.30 (40) とまこまい - とまこまいいきふつう 2000-1500

しゅうてん、とまこまいは4ばんのりばにとうちゃく。

2024.4.30 (42) とまこまい - ちとせいきふつう 2000-1500

むかいの3ばんのりばにはいってきた、ちとせいきふつうにのりこむ。こせんきょうをわたらんのりかえのらくらくなこと。でんしゃは721けいえふ13へんせいのすてんれすでんしゃで、そくめんからしょうめんまでみどりいろのおびがはいっとる。

2024.4.30 (45) ちとせいきふつう - とまこまいぬまのはたかん 2000-1500
2024.4.30 (43) ちとせいきふつう - とまこまいしゅっぱつ 1600-1080 2024.4.30 (44) ちとせいきふつう - とめおきでんしゃ 1050-880

しゅっぱつ。ここまではうみぞいにはしってきたけど、こっからはないりくにはいっていく。ひだりにとめおきでんしゃ。とまこまいまでのってきたでんしゃとおんなじかたちだ。

2024.4.30 (46) ちとせいきふつう - ぬまのはた 2000-1500

ぬまのはたにていしゃ。いっぱいのってくる。

2024.4.30 (47) ちとせいきふつう - まきば 1470-1200 2024.4.30 (48) ちとせいきふつう - うえなえ 1600-1200

みぎにまきば。まきばをみながら、ほのままうえなえにていしゃ。

2024.4.30 (49) ちとせいきふつう - まきば 1600-1200

さらに、みぎにまきば。

2024.4.30 (50) ちとせいきふつう - とまこまいいきふつう 1200-900

しょうめんがあかくろしろのどいつこっきっぽいでんしゃとすれちがい。とまこまいいきふつうだ。

2024.4.30 (51) うえなえみなみちとせかん(くうこう) 1400-1050

ひだりにくうこう。しんちとせくうこうだ。

2024.4.30 (52) みなみちとせ - ちとせいきふつう 1950-1500

みなみちとせは4ばんのりばにとうちゃく。ここででんしゃをおりる。しんちとせくうこうからのたんせんと、おびひろほうめんからのせきしょうせんがごうりゅうしてくるえきだ。

2024.4.30 (53) みなみちとせ(くうこう) 1550-1190

ところでひだりにひこうき。いや、さっきしんちとせくうこうをみたはずなのに、まんだひだりにくうこうがあるのか。

2024.4.30 (54) みなみちとせ - おたるいきえあぽーと 2000-1500

むかいの3ばんのりばにはいってきた、おたるいきとくべつかいそくえあぽーとにのりかえ。これまたらくらくのりかえだ。でんしゃはしんちとせくうこうからのたんせんをやってきたやつで、6りょうへんせいすてんれすでんしゃ、しゃりょうばんごうせんとう「くは733-3208」。しょうめんはかんつうとびらのさゆうにくろしろみどりのひげ。そくめんはみどりいろのおび。

2024.4.30 (55) おたるいきえあぽーと - みなみちとせちとせかん 1200-1600

こうかをあがって、じそく100きろでいく。

2024.4.30 (56) おたるいきえあぽーと - ちとせ 980-1600 2024.4.30 (57) おたるいきえあぽーと - ちとせ 1200-1600

ちとせをつうか。ちとせしのだいひょうえきなのにつうかするだ。

2024.4.30 (58) おたるいきえあぽーと - えあぽーと 1020-1600

えあぽーととすれちがい。こっちとおんなじくろしろみどりのかおだ。すれちがってちへいにおりていく。

2024.4.30 (59) おたるいきえあぽーと - おさつ 1200-1600

おさつをつうか。

2024.4.30 (60) おたるいきえあぽーと - さっぽろびーるていえん 920-1460

さっぽろびーるていえんをつうか。

2024.4.30 (61) おたるいきえあぽーと - えにわ 1200-1600

はんたいでんしゃとすれちがいながら、えにわをつうか。

2024.4.30 (62) えにわめぐみのかん(いざりがわ) 1600-1200

いざりがわをわたる。

2024.4.30 (63) おたるいきえあぽーと - めぐみの 870-1520

めぐみのをつうか。

2024.4.30 (64) おたるいきえあぽーと - しままつ 920-1600

しままつをつうか。ひだりそくせんにらっせるしゃ。

2024.4.30 (65) おたるいきえあぽーと - はこだていきほくと 940-1520

はこだていきほくととすれちがい。

みぎにたんぼがあらわれる。

2024.4.30 (66) しままつきたひろしまかん 1200-1580

みぎにくねっていくとこで、はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.4.30 (67) おたるいきえあぽーと - きたひろしま 930-1530 2024.4.30 (68) きたひろしまかみのっぽろかん 1600-1200

きたひろしまをつうか。ほっかいどうにひろしまがあるだ。みぎにまちがひろがる。

2024.4.30 (69) きたひろしまかみのっぽろかん(えあぽーと) 880-1490

えあぽーととすれちがい。

2024.4.30 (70) おたるいきえあぽーと - かみのっぽろ 1130-1550 2024.4.30 (71) かみのっぽろしんさっぽろかん 940-1600

みぎにくねりながら、かみのっぽろをつうか。はんたいでんしゃとすれちがい。

2024.4.30 (72) かみのっぽろしんさっぽろかん 800-1320 2024.4.30 (73) おたるいきえあぽーと - しんさっぽろ 1150-1600

こうかをひだりにくねっていく。こうかのしんさっぽろにていしゃ。じつにはじめてのていしゃえきだ。ひだりしたに、ちかてつとれんらくする。

2024.4.30 (74) さっぽろかもつたーみなる 1600-1200

ひだりにさっぽろかもつたーみなるがひろがる。へいわをつうか。

2024.4.30 (75) おたるいきえあぽーと - しろいし 1600-1200

しろいしをつうか。

2024.4.30 (76) しろいしなえぼかん(とよひらがわ) 1600-1200

みぎななめにとよひらがわをわたる。さっぽろのまちはこのとよひらがわのせんじょうちのうえにある。

2024.4.30 (77) なえぼさっぽろかん(とめおきでんしゃ) 2000-1500

おー、みぎうえにとめおきのほくと。

2024.4.30 (78) おたるいきえあぽーと - さっぽろ 2000-1500

さっぽろのこうないにはいっていく。のりばがいっぱいある、やねつきのおおきなえきだ。

2024.4.30 (79) おたるいきえあぽーと - さっぽろ 1600-1200

さっぽろにていしゃ。しばらくていしゃ。

2024.4.30 (80) おたるいきえあぽーと - さっぽろ 1030-1330

むこうからどいつこっきでんしゃがはいってくる。

2024.4.30 (81) おたるいきえあぽーと - おほーつく 2000-1500

ひだりののりばに、らてんもじでおほーつくってかいた、みどりいろのとっきゅうでんしゃがはいってくる。

2024.4.30 (82) おたるいきえあぽーと - さっぽろしゅっぱつ 990-1350 2024.4.30 (83) おたるいきえあぽーと - さっぽろそうえんかん 1550-1350

さて、さっぽろをしゅっぱつ。こうかのせんろぐんをみぎにくねっていく。

2024.4.30 (84) おたるいきえあぽーと - さっぽろそうえんかん 1720-1350
2024.4.30 (85) おたるいきえあぽーと - そうえん 1700-1350

みどりいろのおびのはいったふつうでんしゃとすれちがって、そうえんにていしゃ。

2024.4.30 (86) おたるいきえあぽーと - がくえんとしせん 1620-1350

そうえんをでて、みぎにがくえんとしせんのたんせんがはなれていく。そもそも「さっしょうせん」ってなまえで、さっぽろといしかりぬまたをむすぶ113きろのせんだっただけど、いまは「がくえんとしせん」としてほっかいどういりょうだいがくまでの30.5きろがのこっとるだけだ。

【さっしょうせんひでんかくかんがはいしになる - 2020ねん4がつ17にち】

2024.4.30 (87) おたるいきえあぽーと - ことに 1470-1350 2024.4.30 (88-1) おたるいきえあぽーと - うんてんせき 1350-2000

ことににていしゃ。みっつつづけてていしゃだ。ところで、うんてんせきのたっかいいちにあること。じょしゅせきもどうようたっかいいちにある。おかげでまえがみえるのは、まんなかのはばのせばい、かんつうとびらをとおしてだけだ。

2024.4.30 (89) ことにはっさむちゅうおうかん 1300-1350

どいつこっきでんしゃとすれちがい。はっさむちゅうおうをつうか。

2024.4.30 (90) おたるいきえあぽーと - はっさむ 1140-1200

はっさむをつうか。

2024.4.30 (91) おたるいきえあぽーと - いなづみこうえん 1270-1350

いなづみこうえんをつうか。

2024.4.30 (92) おたるいきえあぽーと - ていね 900-1200
2024.4.30 (93) おたるいきえあぽーと - ていね 1340-1200 2024.4.30 (94) おたるいきえあぽーと - ていね 1470-1200

ていねはしましきのりばそとがわにていしゃ。のりばはひとがいっぱい。むかいののりばにまちあいでんしゃ。

2024.4.30 (95) いなほ(えあぽーと) 1470-1350

いなほをつうかするとこで、みどりいろのおびのはいったえあぽーととすれちがい。

2024.4.30 (96) おたるいきえあぽーと - ほしおき 1600-1350

ほしおきをつうか。

2024.4.30 (97) おたるいきえあぽーと - ほしみ 1590-1200

ほしみをつうか。

2024.4.30 (98) おたるいきえあぽーと - ぜにばこ 1250-1050
2024.4.30 (99) おたるいきえあぽーと - ぜにばこ 1800-1350

ぜにばこをつうかするとこで、どいつこっきのかいそうでんしゃとすれちがい。

2024.4.30 (100) ぜにばこあさりかん 910-1428

おー、うみだ! みぎにうみがみえてきた。にほんかいいしかりわんのうみだ。たいへいようがわののぼりべつをでて、ついににほんかいがわまできた。

2024.4.30 (101) ぜにばこあさりかん 1600-1200

くねりながらかいがんせんをいく。

2024.4.30 (102) ぜにばこあさりかん 1650-1350

くろしろみどりのはんたいでんしゃとすれちがい。

2024.4.30 (103) ぜにばこあさりかん 1600-1200

かいがんせんからちょこっとはなれたとこに、おおいわ。

2024.4.30 (104) ぜにばこあさりかん 1200-900 2024.4.30 (105) ぜにばこあさりかん 1250-1200

とんねるをくぐる。

2024.4.30 (106) ぜにばこあさりかん 1600-1200
2024.4.30 (107) ぜにばこあさりかん 1600-1190

かいがんせんのさきにまちがみえてきた。おたるのまちにちがいない。

2024.4.30 (108) おたるいきえあぽーと - あさり 1150-1200

あさりをつうか。

2024.4.30 (109) あさりおたるちっこうかん 1066-1080 2024.4.30 (110) あさりおたるちっこうかん 1470-1350

またとんねるをくぐる。

2024.4.30 (111) おたるいきえあぽーと - おたるちっこう 1590-1200
2024.4.30 (112) おたるちっこう(えあぽーと) 1800-1350

おたるちっこうにていしゃ。しゅっぱつするとこで、みどりいろのおびのはいったえあぽーととすれちがい。

2024.4.30 (113) おたるちっこうみなみおたるかん 1600-1200

みぎにまちがあらわれてくる。

2024.4.30 (114) おたるいきえあぽーと - みなみおたる 1800-1350

みなみおたるにていしゃ。

2024.4.30 (115) おたる - おたるいきえあぽーと 1960-1500

しゅうてんおたるは5ばんのりばにとうちゃく。たいへいようがわののぼりべつを8じ25ふんにでて、11じ5ふんに、にほんかいがわのここおたるについた。145.5きろのきょりを、2かいののりかえじかんもふくめて2じかん40ぷんかかってきた。じそく54.6きろ、3,190えん。

さて、のりばからえすかれーたーをおりてかいさつをでる。ちかかいさつなのかっておもったら、ちへいにあるかいさつだ。ようは、ひがししゃめんをなんぼくにてつどうがとおっとって、のりばのひがしにあるかいさつはのりばよりもひくいいちにあるってわけだ。

おたるしないけんぶつ

2024.4.30 (116) おたるえき 2000-1500

かいさつをでて、みあげるまど。えきしゃはにかいまでふきぬけになっとって、おおきくとったまどをらんぷがうめつくしとる。すてきなえきだ。

えきからとうなんほうこう、みやこどおりあーけーどがいをみなみにぬけたとこで、きょうのやど、おーせんとほてるおたるにとうちゃく。にもつをあずけてしないけんぶつにでる。

2024.4.30 (117) おたる - てみやせんあとち 2000-1450

にちぎんどおりをひがしにくだっていって、てみやせんあとち。いまはしゃめんのうえのほうをとおっとるてつどうだけど、むかしはこのいちでなんぼくにとおっとったっていう。

2024.4.30 (118) いろないえきあとち 1400-2000

せんろのわきにいろないえきあとち。

【てみやせん】

2024.4.30 (119) きゅうにほんぎんこうおたるしてん 2200-1230

てみやせんあとちからちょっとした、にちぎんどおりにきたにめんして、きゅうにほんぎんこうおたるしてん。いや、これがあるでこのとおりをにちぎんどおりっていうだ。いや、ほれにしてもどうどうとしたたてもんだ。かめらにおさまりきらん。

2024.4.30 (120) きゅうにほんぎんこうおたるしてん 2180-1230

なかにはいってみる。にかいまでふきぬけになっとるだけど、なんちゅうひろびろとしたくうかんだ。せっけいは、とうきょうえきやいわてぎんこうをせっけいした、あのたつのきんごのでし、ながのうへいじ。いや、ほれにしても、いまはさっぽろのえいせいとしであるおたるににほんぎんこうがあったってのがおどろきだ。

【きゅうにほんぎんこうおたるしてん】

2024.4.30 (123) きゅうほっかいどうぎんこうほんてん 2120-1230

きゅうにほんぎんこうおたるしてんのはすむかいにきゅうほっかいどうぎんこうほんてん。いや、ほっかいどうぎんこうのほんてんが、どうとさっぽろじゃなくて、ここおたるにあったとは。おたるってどいだけさかえとっただ。これもながのうへいじのせっけい。

2024.4.30 (124) きゅうみついぎんこうおたるしてん 2050-1230

またひがしにくだっていって、きゅうみついぎんこうおたるしてん。ほんとにすごい。このいったいを「きたのをーるがい」っていうのもうなずける。

2024.4.30 (126) きゅうみついぎんこうおたるしてん 2000-1500

なかにはいってみる。にかいまでふきぬけになっとって、かべはしろ、てんじょうははいいろ。

2024.4.30 (128) きゅうみついぎんこうおたるしてん - でんわしつ 1480-1970

いっかくにでんわしつ。

2024.4.30 (127) きゅうみついぎんこうおたるしてん - かいぎしつ 2000-1500

にかいのかいぎしつ。

2024.4.30 (130) はお - くろこしょうからあげ 1600-1200 2024.4.30 (129) はお - えびあんかけやきそば 1600-1200

ひがしに、なんぼくにはしるうんがぞいのとおりにでて、はおってなまえのちゅうかりょうりやにはいってひるめし。おれはからあげのいためもん、つまはえびいりあんかけやきそばをちゅうもん。ごちそうさまでした。

2024.4.30 (131) おたるうんが 1990-1500

うんがけんぶつ。にちぎんどおりとおたるうんががこうさするあさくさばしからうんがをきたにみる。ひだりにうんがをながめてあるくひとたち。みぎにそうこぐん。みなもをこっちにやってくるふね。

2024.4.30 (132) おたるうんが 2000-1500

はしまできたふねがおりかえしていく。

2024.4.30 (133) おたる - せいようびじゅつかん(どうぞう) 1450-1500

あさくさばしのひがしづめ、みなみがわにせいようびじゅつかん。きゅうなにわそうこのたてもんをさいせいして、びじゅつかんとがらすこうげいひんのみせにしてある。

にちぎんどおりをにしにちょこっともどったしんごうこうさてんをさせつ。ほっからみなみにのびるさかいまちどおりにはいっていく。ふるいたてもんをさいせいしたみせがたちならぶとおりだ。

2024.4.30 (134) きゅうひゃくじゅうさんぎんこうおたるしてん 2000-2000

さかいばしをわたってひだりに、きゅうひゃくじゅうさんぎんこうおたるしてん。おたるろまんかんってなまえのそうしんぐのみせになっとる。にかいだて、かわらやね、ちゃいろとしろのたてじま、まどのぶぶんはふかいあおいろ、かどにいりぐち。

2024.4.30 (135) おたるおるごーるどう(いわながとけいてん) 1980-1500

すすんで、ひだりにいわながとけいてん。おたるおるごーるどうさかいまちてんのみせになっとる。かわらぶき、にかいだてのしょうかのつくりだけど、にかいぶぶんがやけにたちがたかくて、いしばりのがいへきになっとるのがどくとくだ。

さゆうのみせをひやかしながら、てきとうなとこまでいってひきかえす。

さかいばしのとこをさせつ。すしやどおりのさかをあがっていく。

2024.4.30 (137) おたる - てみやせんあとち 2000-1500

ふたたびてみやせんあとち。みなみにのびていまのせんろにつながっとったはずだけど、いまはせんろがのこっとらん。

2024.4.30 (136) おたる - てみやせんあとち 1920-1500

きたにむけてのこっとるせんろをかけていく。

2024.4.30 (138) おたる - てみやせんあとち 2000-1500

にちぎんどおりにとうたつ。さいしょにてみやせんあとちをみたとこだ。

【てみやせん】

ひがしににちぎんどおりをあがって、おーせんとほてるおたるのやどにちぇっくいん。

2024.4.30 (139) おーせんとほてるおたる - おたるみなと 1990-1500

801ごうしつのへやのまどからみるながめのすばらしいこと。まちのむこうにおたるみなと。ほのむこうにいしかりわん。

2024.4.30 (140) おーせんとほてるおたる - きゅうにほんぎんこう 1800-1350

すぐちかくに、きゅうにほんぎんこうおたるしてんのたてもんもみおろせる。

2024.4.30 (141) にゅーさんこー - びーふしちゅーおむらいす 1400-1050

やどできゅけいのあと、そとでばんめし。ちかくにみつけたにゅーさんこーってみせにはいって、おれはびーふしちゅーおむらいす、つまはなぽりたんすぱげってぃーをちゅうもん。ごちそうさまでした。

いったんやどにもどって、えきにむかう。つまをひとりやどにのこして、えきにむかう。

おたるえきにとうちゃく。さいしょにでるでんしゃは18じ43ぷんのくっちゃんいきにせこらいなー。いや、いまからじゃまにあわん。さっぽろほうめんじゃなくてよいちほうめんにいくでんしゃだけあって、のりたかったなー。にゅうじょうけん200えんをかってかいさつをはいる。

2024.4.30 (142) おたる5ばん - えあぽーと(1ごうしゃ) 1970-1500

5ばんのりばにあがったとこで、さっぽろほうめんからえあぽーとがはいってくる。いや、5ばんのりばはきりかきのりばで、さっぽろほうめんからしかはいってこれんこうぞうなだ。でんしゃは6りょうへんせいで、みどりいろのおびのはいったすてんれすでんしゃ。しゃりょうばんごうせんとう1ごうしゃ「くは721-4101」、しんがり6ごうしゃ「くは721-4201」。19じちょうど、おりかえししんちとせくうこういきえあぽーとになってでていく。

2024.4.30 (145) おたる - えきめいばん 2000-1500

ところでこの5ばんのりばにみどりいろのえきめいばん。「るたお」ってかいてあるけど「おたる」のことだ。むかしはみぎからひだりにもじをかいた。えきめいばんのうしろはきづくりのこしいた。いいかんじだ。

2024.4.30 (146) おたる1ばん - えべついきふつう 2000-1500

のりばしたのつうろをのぼりおりして1ばんのりばにいどう。19じ7ふんのえべついきふつうがしゅっぱつまち。さっぽろからあさひかわほうこうにいくやつだ。でんしゃは3りょうへんせいで、しょうめんがあかくろしろのどいつこっきでんしゃ。しゃりょうばんごう1りょうめ「くは731-117」、2りょうめ「もは731-117」、3りょうめ「くは731-217」。

2024.4.30 (150) 4ばん - しかりべつしはつおたるいきふつう 2000-1500

こんどは4ばんのりば。5ばんのりばむかいの4ばんのりば。よいちほうめんから、このえきどまりのでんしゃがはいってくる。しかりべつしはつの1りょうへんせいおたるいきふつうだ。しょうめんはだいぶぶんがくろいろで、まどしたちゅうおうにきいろいおび、りょうはしにきみどりいろのおび、そくめんはきみどりいろのおび。いや、あさ、のぼりべつえきでみたのとおんなじやつだ。しゃりょうばんごう「えっち100-1」。このえっち100ってのがとくしゅなでんしゃで、でぃーぜるえんじんのどうりょくではつでん、ほのでんりょくでもーたーをまわしてはしるでんしゃなだ。でんしゃっていうべきかきどうしゃっていうべきか。または、ひでんかくかんをはしれるでんしゃっていうべきか。あいしょう「でくも」。

2024.4.30 (152) おたる - 4、5ばんのりば 2000-1500

4ばんのりばをよいちよりにあるいていって、「おたる」ってふるめかしいつりさげしきえきめいばんのむこうに、いしはらゆうじろうさんのとうしんだいしゃしん。おさないころおたるにすんどったっていういしはらゆうじろうさんをきねんしておいたしゃしんらしい。

2024.4.30 (153) おたる - 5ばんのりば 2000-1420

4ばんのりばは、さっぽろよりはむかいが5ばんのりばになっとるだけど、よいちよりはむかいにのりばはなくて、こんこーすとのりばをへだてるかべになっとる。かべにはおおきくまどがとってあって、まどをうめつくすらんぷごしにみおろすこんこーすのうつくしいこと。

2024.4.30 (155) おたる - えきしゃない 2000-1500

かいさつをでて、あらためてかべをみあげる。

2024.4.30 (158) おーせんとほてるおたる - とりとふね 2000-1480

つまのまつやどにもどって、だいよくじょうにはいったりくつろいだりしてときをすごす。

(2024ねん4がつ30にち、かようび、へいじつ)

◇            ◇

じょうしゃきろく

  • のぼりべつおんせんはなゆらからのぼりべつえきまで
    • のぼりべつおんせんはなゆら → (たくしー2,800えん) → のぼりべつえき
  • のぼりべつからおたるまで
    • のぼりべつ 8:25 → (むろらんせん=とまこまいいきふつう) → 9:18 とまこまい
      〔40.5きろ、53ふん、じそく45.8きろ
    • とまこまい 9:29 → (ちとせせん=ちとせいきふつう) → 9:48 みなみちとせ
      〔27.2きろ、19ふん、じそく85.9きろ
    • みなみちとせ 9:53 → (ちとせせん~はこだてせん=おたるいきとくべつかいそくえあぽーと) → 11:05 おたる
      〔77.8きろ、1じかん12ふん、じそく64.8きろ
    • のぼりべつ 8:25 → (とおしで) → 11:05 おたる
      〔145.5きろ、2じかん40ぷん、じそく54.6きろ、3,190えん〕
      2024.4.30 (9-1) のぼりべつ - とっきゅうじこくひょう 1300-870
      2024.4.30 てつどうぴくとりある - さっぽろとしけんろせんず 1320-1800

◇            ◇

【ほっかいどうのたびふつかめ】
【ほっかいどうのたびいちんちめ】