吹田市って阪急千里線のまちだっただ

大阪府内、淀川右岸に高槻市(たかつきし)、茨木市(いばらきし)、吹田市(すいたし)とみっつのまちがならぶ。とうぜん、みんな阪急京都線なりJR京都線がまちの主要な鉄道路線だとおもっとっただけど、じつは吹田市だけは阪急千里線(せんりせん)がまちの主要な鉄道路線だっただ。

吹田市の地図(あきひこ)
△ 吹田市の地図(あきひこ)

吹田市鉄道路線について説明する。

まず、阪急京都線は線路こそ市域をかすめとるものの、えきがない。つぎに、JR京都線吹田駅岸辺駅のふたえきあるけど、これも市域のはずれをとおっとって、吹田市の主要な鉄道路線とはいいにくそうだ。

やっぱり、阪急千里線が吹田市の主要な鉄道路線のようだ。まず、市役所があるのが阪急千里線の吹田駅JR京都線吹田駅とはべつのえきで、ここが吹田市の中心だ。千里線はこっから市内をきたにのび、豊津駅関大前駅千里山駅、南千里駅山田駅から終点の北千里駅にいたる。いっぽう、みなみのほうは市外にでた淡路駅京都線とまじわりながら大阪市内の天神橋筋六丁目駅にいたり、さらにほのさき地下鉄堺筋線(さかいすじ)にのりいれて大阪都心をとおり、南海本線天下茶屋駅(てんがちゃやえき)に接続する。吹田駅の時刻表をみてみると、堺筋線のりいれで天下茶屋駅までいくのと、淡路駅から京都線にのりいれて梅田駅までいくのと交互に設定されとる。千里線に急行の設定はないものの、自在に大阪都心にいくことができるだ。

以上のほか吹田市内には、にしの豊中市とのさかいを南北にはしる北大阪急行と、千里線の山田駅で直角に交差する大阪モノレールがある。