あるく

津松菱、南館たてかええ - 中日新聞の記事から

※ 中日新聞の記事はあやまりで、たてかえはないことが判明。 〔2021.1.13 18:20 松阪におすまいのかたから筆者へのおしらせ〕 今日の中日新聞に松菱の建て替えは無いとでていました。中日新聞の記者の早とちりみたいです。取材もせずに記事にしたみたいです…

1832年の古井村絵図

天保3年古井村絵図〔1832年〕この絵図は、1832年に古井村が幕府の役人に提出したもんです。集落や社寺が立体的な建物の絵として美しく描かれ、当時の村のようすをうかがい知ることができます。中央に、后に古井神社となった八幡宮、西北に保福寺、東北に願力…

古井神社の境内社のうつりかわり - 1875年と2020年

1875年の境内配置図 稲荷社 若宮社 熊野社 天満社 → 2020年にはない 月見社 → 2020年にはない 社口社 → 2020年にはない 神明社 → 2020年にはない 山神社 2020年の境内配置図 桜本天神社 ← 1875年当時にはなかった 若宮社・熊野社 ← 1875年当時の若宮社と熊野…

清海堀をあるく - 2020年11月29日

2020年11月29日、清海堀(せいかいぼり)をあるいてきた。あー、ほりばたをあるいてきたのかっておもうだらあけど、ほじゃない。したまでおりて、ほりのそこをあるいてきた。岡崎城本丸すぐてまえのほりが清海堀で、しろをみにいくときにはみぎしたにみおろ…

西可児でおりてみた - 2020年11月27日

名鉄路線網の末端、広見線(ひろみせん)の中間駅に西可児(にしかに)っていうえきがある。起点の犬山からひがしにすすんで、愛知県から岐阜県への県ざかいになる愛岐トンネルをくぐって、さいしょのえきが西可児になるだけど、なんだか活気のあるえきだ。…

新川橋のえきでおりてみたらほこも美濃路だった - 2020年11月むいか

新川橋(しんかわばし)のえきでおりてみたらなにがあるかっておもっていってみたら、ほこも美濃路だった。あっかい電車にこころおどる現地までの道中と、現地でのまちあるきのようすについて、以下に紹介する。現地では、むかしっからの美濃路をごぞんじの…

わーっ! あがったーっ!

わーっ! あがったーっ! ユニックにつりあげられて、古井の井戸が宙にういた。 ◇ ◇ さいしょにいしぶみ。ねぎりをしたいしぶみにバンドをかける。いしぶみには「倭姫命御井古跡(やまとひめのみことおんいこせき)/古井(ふるい)」ってかいてある。 わき…

熱田さんに祈願して瑞穂でグランパスを応援 - 2020年10月にじゅうよっか

2020年10月にじゅうよっか、熱田さんこと熱田神宮に勝利を祈願してから、瑞穂にいってグランパスの応援をしてきた。熱田さんでは本宮(ほんぐう)に祈願したほか、上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)や別宮八剣宮(べつぐうはっけんぐう)におまいりしたり…

二ツ杁でおりてみたらほこは美濃路だった - 2020年10月16日

おりたことのないえきでおりてみたらなにがあるのか。2020年10月16日、名古屋本線は二ツ杁(ふたついり)のえきでおりてみた。庄内川(しょうないがわ)をむこうにわたって、津島線が分岐する須ケ口(すかぐち)までのあいだにみっつあるえきのうちのまんな…

津新町から津のまちをあるく - 2020年11月19日

津新町(つしんまち)が津のまちのもよりえきだってことで、電車を津新町でおりてほこを起点にまちあるきをしてきた。アーバンライナーやワイドビュー南紀がとまる津駅じゃなくて、近鉄名古屋線でまあひとつみなみにある、急行停車駅の津新町駅を起点にした…

古井神社と境内社の社額、表札 - 2020年11月22日

2020年11月22日、あらためて古井神社と境内社の社額、表札をかくにんした。〔古井神社〕〔桜本天神社〕〔若宮社・熊野社〕〔稲荷社〕〔山神社〕(境内配置図) 古井神社 桜本天神社 若宮社・熊野社 (※ 社額はない) 稲荷社 山神社 (※ 社額はない) ◇ ◇ (…

松阪のたび - 2020年11月13日

2020年11月13日、松阪まであそびにいった。名鉄電車、近鉄電車をのりついでいったようす、松阪まちあるきのようすを以下に紹介する。近鉄電車は、名古屋から松阪までずーっとかぶりつきで、とおったすべてのえき、すれちがったすべての電車をしっかりみてた…

名古屋に桶狭間古戦場をみてきた - 2020年10月はつか

2020年10月はつか、名古屋の桶狭間古戦場をみてきた。このひとつきまえに、豊明の桶狭間古戦場をみてきたとこで、こんどは名古屋。しかも案内人つき。 ◇ ◇ 9時8分、岐阜いき急行のあっかい電車で有松にとうちゃく。まあはいかいさつのそとに桶狭間古戦場保存…

『決戦!桶狭間!!熱田神宮から桶狭間まであるいてみた』

決戦!桶狭間!!熱田神宮から桶狭間まであるいてみた すごい。熱田神宮から桶狭間まであるいたこがおる。 2020年10月15日、ぶらっていったあんじょう市民ギャラリーで「歴史ひろば」をやっとって、ほんなかの作品に『決戦!桶狭間!!熱田神宮から桶狭間ま…

岡崎まで電車さんぽ - 2020年11月いつか

きょう2020年11月いつか、もくようび、岡崎まで電車さんぽしてきた。岡崎は、三河武士のやかたで展示会をみて、春亭でひるごはんをたべてかえってきた。〔いき〕〔かえり〕 ◇ ◇ いき きょうは鉄仮面。ふるい10時25分のしんあんじょういきふつうは、2両編成鉄…

あっかいとりいの若一王子社

あっかいとりいは、かわらやねつきのおおきなとりい。きれいだな。とりいのおくにみえるのは、いしのたいこばし。さらにほのおく、いしがきづみのたかみにたっとるのが社殿。東西にはしる県道岡崎刈谷線にみなみむきに面してある、西尾の若一王子社(わかい…

古井神社例大祭 - 2020年11月ついたち

きょう2020年11月ついたちは古井神社の例大祭。末社をふくめて各社殿におまいりしてきた。 本社殿 本社殿におまいり。 桜本天神 みぎの桜本天神におまいり。 若宮八幡社 ひだりの若宮八幡社におまいり。 熊野社もいっしょにまつってある。 月見稲荷社 みぎて…

ブラトーブ - 悠久の三別をあるく - 2020年10月22日

きょう2020年10月22日、東部公民館講座「ブラトーブ - 悠久の三別をあるく」に参加して、「別郷、東別所、西別所」っていう、あんじょうし東部、三別地区の歴史をまなんできた。すぐひがしは岡崎の西本郷、宇頭で、別郷がみなみ、東別所がきたひがし、西別所…

福知山のたび - 2020年10月むいか

2020年10月むいか、丹波のくには福知山までいってきた。3年まえに但馬のくには豊岡までいったときに、いきかえりに列車ののりつぎでホームにおりたっていうだけの福知山について、はじめてかいさつをでてまちなみをみてまわってきた。こんかい、ひとつきまえ…

古井神社改修事業竣功奉告祭 - 2020年10月11日

2020年10月11日、古井神社改修事業竣功奉告祭と、あわせて奉祝記念式典、おしらいしもち、内覧会がああった。本来ことし2020年3月、本遷座祭にひきつづいておこなわれる予定だったこんかいの行事だけど、しんがたコロナウイルスさわぎのため延期になったもん…

豊明に桶狭間古戦場をみてきた - 2020年9月21日

2020年9月21日、桶狭間古戦場(おけはざまこせんじょう)にいってきた。わが三河のくにのすぐにしどなりにありながら、ほれも、いちばん三河よりのばしょにありながら、これまでいったことのなかった桶狭間古戦場にいってきた。桶狭間古戦場は名古屋市にもあ…

大岡白山神社

あんじょうし大岡町に大岡白山神社(おおおかはくさんじんじゃ)っていうおみやさんがある。 ◇ ◇ 岡崎街道大岡町交差点をきたにはいると、すぐにつきあたったとこに朱ぬりのとりいがある。ようめだつ。とりいをくぐって、境内はまわりより一段たかい位置にあ…

西三文協美術展にいってきた - 2020年9月17日

2020年9月17日、岡崎市美術館に西三文協美術展をみにいってきた。この1週間まえにおんなじ岡崎市美術館に書の展覧会をみにいってきたとこで、また、同様の展覧会をみにいってきた。〔いき〕〔西三文協美術展〕〔かえり〕 ◇ ◇ いき ふるい10時25分のしんあん…

亀岡のたび - 2020年9月15日

2020年9月15日、丹波のくには亀岡までいってきた。まえに、但馬のくには豊岡までいったときにとおりすぎた亀岡のまちを、はじめてたずねた。明智光秀が丹波侵攻のてがかりに亀山城をつくったっていう土地で、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』でほのばめんにいく…

岡崎市美術館にいってきた - 2020年9月とおか

きのう2020年9月とおか、しりあいのひとが作品をだしとるってきいて、岡崎市美術館に書の展覧会をみにいってきた。ひるごはんに昭和なみせを発見したり、かえりに豊橋の豪雨によるダイヤのみだれのえいきょうをうけたりして、いってきた。〔いき〕 〔岡崎市…

重原の万福寺にいってきた - 2020年9月ようか

きょう2020年9月ようか、西尾線、名古屋本線、三河線って電車をのりついで、知立(ちりゅう)は重原(しげはら)の万福寺(まんぷくじ)にいってきた。〔いき〕〔万福寺〕〔かえり〕 ◇ ◇ いき ふるい10時55分のしんあんじょういきふつうにのる。電車は2両編…

丹波のくにってどんな範囲?

京都府と兵庫県にまたがっとって、どんな範囲なのかようわからん丹波のくに。「明智光秀が亀山城や福知山城をつくって丹波を攻略した」ってきくけど、ほの丹波のくにってどんな範囲なのか。 ◇ ◇ 丹波のくにを鉄道でたどってみると、こうなる。まずは京都から…

東大友神明社

わが西三河の区域において、大友皇子(おおとものみこ)にかかわりがありそうなとことして、これまで、小針(こばり)にある大友皇子のはか、小針神明社、大友天神社、東大友町(ひがしおおどもちょう)にある大友皇子御陵ってみてきて、こんかいが東大友神…

桑名くうしゅうと六華苑

きのうのブログ記事にかいたとおり、2020年8月25日、桑名の六華苑(ろっかえん)にいってきただけど、いくきっかけになったのが1年まえ、2019年7月23日ちゅうにちゆうかんにのった「桑名くうしゅう74年ルポ」っていう記事。要約するとこういうことだ。 「大…

六華苑、七里のわたし、東海道 - 桑名のたび

2020年8月25日、名鉄と近鉄をのりついで桑名までいって、六華苑(ろっかえん)や七里のわたしをみて、東海道をあるいてきた。愛知県のすぐとなりにありながら、桑名のまちをおとずれたのははじめてのこと。以下に、こんかいのたびのようすを紹介する。〔名鉄…