読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とめろ自殺

輸送障害

9月は、むいか、有松でふみきりとびこみ。12日、吉良吉田-上横須賀間で人身事故。28日、左京山のふみきりで女子高生の人身事故。

10月にはいって、よっか、大山寺(たいさんじ)ではたちの男性会社員の人身事故。ここのか、桜-呼続間でひとが線路内にたちいり。とおかは2件発生で、名古屋-山王間と大同町で人身事故。

ほんとに人身事故がおおい。

鉄道会社のほうも人身事故がおこるたびに、げんばの処理はせにゃいかんわ、運転みあわせから再開までダイヤの調整はせにゃいかんわ、ふりかえ輸送のてはいはせにゃいかんわでおおわらわだ。

こや、なんとかせにゃいかんわってことで、自殺抑止のポスターをはりだすことになった。

とまれ自殺
みんなでまもろまい!たいせつな「いのち」

鉄道での自殺は、たいせつないのちがうしなわれるだけでなく、鉄道を利用するおおくのひとの安全やくらしにかかわってきます。もしなやんどるひとをみかけたら、勇気をもってこえかけを。
とめろ自殺 448-632

ひとりでなやんどるあなたへ。わたしたちにはなしをきかせてください。

10月16日(日)より自殺抑止ポスターを掲出します|名鉄|2016.10.13
2016年10月13日
名古屋鉄道株式会社
東海旅客鉄道株式会社
近畿日本鉄道株式会社
名古屋市交通局
中部運輸局
~STOP自殺みんなでまもろまい!たいせつな『いのち』~
10 月16 日(日)より自殺抑止ポスターを掲出します
  • 中部運輸局と中部地域の鉄道会社4 社局では、社会問題として憂慮されている自殺について、鉄道事業者としてその抑止に取り組むため、共同でポスターを制作し、10月16日(日)から各駅に掲出します。
  • これは、鉄道での自殺は、大切な命が失われるだけでなく、電車が止まることによる 社会的影響が大きいという現状に対応したもので、同ポスターを駅に掲出することで、社会全体で自殺抑止に取り組む対策の一助とするものです。
  • 詳細は下記のとおりです。
    1. 掲出開始日
      2016年10月16日(日)
    2. 内容
      悩んでいる方やその周囲の方へのメッセージと、悩み相談に取り組 む諸団体の窓口を記載したポスターを掲出します。

(さんこう)