読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中止@@! - ジャカルタ-バンドン高速鉄道計画

インドネシア

にほんがとるか中国がとるかで注目されたジャカルタ-バンドン高速鉄道計画。

ジャカルタ-バンドン鉄道地図 (高速鉄道計画中止)
△ ジャカルタ-バンドン鉄道地図 (高速鉄道計画中止)(あきひこ)

きょう2015年9月よっかのインドネシア、ジョコ大統領の決定はなんと中止だった。


(さんこう)

  • インドネシア、高速鉄道導入せず - 日中両案不採用:日本経済新聞|2015/9/4 15:56
    • インドネシア政府は2015年9月よっか、ジャワ島には高速鉄道を導入せんことをきめ、受注をきそったにほんと中国のいずれの事業案も採用せんってにほん政府につたえた。ナスティオン調整大臣(経済)と会談した谷崎泰明インドネシア駐在にほん大使が明らかにした。
    • 谷崎泰明氏によると、ナスティオン大臣は会談で、インドネシア高速鉄道にかわり時速200キロから250キロていどの「中速鉄道」導入を検討する方針をしめした。内容がまとまった段階でにほんをふくむ複数のくにに事業への参加をよびかけるっていう。
    • ただ、中速鉄道の建設にも、高速鉄道計画とおなじく国家予算を投入せず、融資にたいする政府保証もせんって表明しており、資金を調達できるかは不透明だ。
    • 谷崎泰明氏は、にほん案が不採用となったことに「ひじょうにざんねんだけど、ジョコ大統領がきめたことだで結果をうけとめる」ってのべた。
  • 日中の受注合戦、終点まぢか - インドネシア高速鉄道 - 産経ニュース(シンガポール=吉村英輝さん)|2015.8.30 05:00
    • インドネシアがジャワ島に建設を計画しとる高速鉄道をめぐり、にほんと中国の受注合戦がおおづめをむかえとる。長期にわたる入念な準備で新幹線のうりこみをすすめてきたにほんにたいし、中国はインフラ整備への協力などをうったえて猛追。インドネシア政府は今週中にも受注さきを決定する予定だけど、予断をゆるさん情勢だ。
    • 建設計画はユドヨノ前政権時代に浮上。区間は首都ジャカルタから西ジャワ州バンドンをむすぶ150キロで、将来は第2の都市、東ジャワ州スラバヤまで延伸する。にほんは3年ほどまえから需要やかんきょう、土地収用など事業化調査をすすめてきた。
    • 昨年2014年10月に就任したジョコ大統領は「海洋大国」をかかげ、港湾や地方のインフラ整備を優先する方針に転換した。しかし、ことし2015年3月の中国訪問で、自国方式の高速鉄道のうりこみに興味をしめす中国と事業化調査に合意し、事態が一変した。
    • 危機感をいだいた安倍晋三政権は2015年7月、和泉洋人総理大臣補佐官を総理大臣特使としてインドネシアに派遣し、総工費50億ドル(およそ6千億円)の75%についての円借款供与などを確認。着工を2019年から2016年にまえだおしし、2019年に試験走行、2021年完成っていう計画をしめした。
    • いっぽう、中国はこんげつ2015年8月とおか、習近平国家主席の特使として徐紹史・国家発展改革委員会主任を派遣。関係者によると、総工費およそ60億ドルの全額についての「破格の条件」による融資でにほんに対抗した。
    • また中国は、ジョコ氏の大統領在任中である2018年に完成させる計画だ。みじかい調査期間とあわせて実現性を疑問視するこえもあるけど、通貨やすや景気低迷になやむジョコ氏には魅力的な提案だ。
    • にほんはこんげつ2015年8月26日、ふたたび和泉洋人総理大臣補佐官を派遣。新幹線部品の現地調達比率などをたかめ、地域経済に貢献する追加提案をしたってみられる。資材も労働者もほとんど自国からもちこむ中国がたをにらんだアピールだ。
    • にほんと中国のいたばさみになったジョコ政権は、双方の条件を検討するようアメリカ系コンサルタントに依頼し、2015年8月28日に結果をうけとった。インドネシア駐在にほん大使館幹部は期待をよせる半面、中国がわが追加提案などでふたたびまきかえしかねんってけねんもつよめとる。
    • ジョコ氏は2015年8月12日の内閣改造で、知日派で新幹線方式の優位性をうったえとったゴーベル貿易大臣を更迭。中国案をおすリニ国営企業大臣は留任した。にほん政府すじは「改造后の閣内にもにほんの理解者はおおい」ってのべ、えいきょうは限定的ってするけど、逆風となったことは否定できん。