かなしい鉄道員

むかし「悲しき鉄道員」ってうたがあった。歌詞は「あなたは電車にばっかり夢中で、ちっともわたしのほうをみてくれやへん」ってなせつない内容で、メロディーもものがなしいかんじではあるけどテンポはいい♪ってなかんじのうただった。わかいひとはこんなうたしらんだらあけど、じぶんが思春期にさしかかったときにきいたうたで、しっかり記憶にのこっとるよ。

悲しき鉄道員/ショッキング・ブルー - Never Marry A Railroad Man/Shocking Blue - YouTube

さて、きょうの話題は「かなしい鉄道員」だ。都営地下鉄浅草線の西馬込(にしまごめ)につとめる鉄道員で、神奈川県の私鉄沿線からかよっとっただけど、かいさつを強行突破したりICカード乗車券の入場記録を削除したりってことで、きょねん2013年3月から12月までのあいだに、つごう4万1千円もの不正乗車をしとっただげな。これとおんなじような事件をまえにもきいたことがあるよ。東京にすむ相模鉄道の鉄道員が、相模鉄道の起点、横浜にでるまでのあいだに不正乗車をくりかえしとったって。

いや、「悲しき鉄道員」は鉄道にほれちゃったがためにほかのことを犠牲にしちゃうってことで、ある意味しょうがないともいえるけど、「かなしい鉄道員」はふつうのひとでもやっちゃいかんことを、よりによって鉄道員がやっとったってことで、ほんとにかなしいかぎりだ。


(さんこう)

(ついか)