読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高松市、ことでん琴平線にふたつのえきを!

うどん県の綾川町(あやがわちょう)ってとこに、ことでん琴平線のあたらしいえきができたことは、まえにこのブログでもとりあげた。こんどは高松市がふたつのえきをつくらあとしとる。

◇            ◇

(あさひの記事から)

  • 高松市ことでん琴平線の三条(さんじょう)-太田(おおた)間と太田-仏生山(ぶっしょうざん)間にそれぞれ新駅を整備する計画をあきらかにした。いずれも幹線道路とまじわるばしょで、バスののりかえをしやすくし、郊外の公共交通網を充実させるのがねらい。複線化もすすめ、整備費は21億円ってみこむ。
    ことでん - 琴平線 - 円座までの路線図
    △ ことでん - 琴平線 - 円座までの路線図
  • 運輸事業者や行政関係者らで構成する高松市総合都市交通計画推進協議会部会に2014年8月25日、高松市が提案した。新駅候補地を琴平線長尾線(ながおせん)で3かしょあげ、複線化の有無もあわせ6案を提示。この部会は費用対効果を比較し2駅を新設し三条-仏生山間を複線化する案を、費用はかかるものの想定される利用者がおおいってして了承した。
  • 三条-太田間に整備する新駅の予定地は、国道11号東バイパスぞい。高速バス、路線バスへののりかえをしやすくして、郊外交通網の結節点にする。太田-仏生山間の新駅は県道太田上町志度線ぞい。ただ、太田駅と450メートルしかはなれてないため、太田駅の立地もふくめて調整する。
  • 高松市はくにの補助制度の活用も視野に計画をすすめる方針。三条-太田間の新駅についてはちかく住民アンケートを実施し、2014年11月にも基本構想をまとめる。
(ねたもと)
香川)高松市、ことでん琴平線に2新駅開設を検討:朝日新聞デジタル|2014年8月28日03時00分

◇            ◇

なるほど、このふたつのえきは高速バスや路線バスとも連結させて、交通の拠点にするだね。高松市は、ことでんの電車とバスののりつぎわりびきについても、100円のわりびき額にたいして8わりの金額を負担しとるように、公共交通機関の充実に熱心な自治体だ。こんかいのふたえき設置もほの延長でおこなわれとるだけど、高松市の姿勢はほんとにすばらしい。


(さんこう)