読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花巻から釜石までめっちゃ時間かかるぞ

釜石(かまいし)と盛(さかり)をむすぶ三陸鉄道南リアス線は2014年4月いつかに全線復旧したとこだけど、これにのるには東北線の花巻(はなまき)から分岐する釜石線にのって、いっかい釜石までいかにゃいかん。

釜石線 路線図 (あきひこ)
△ 釜石線 路線図 (あきひこ)

花巻から釜石までのきょり90.2キロ。1日の運行本数はくだりが11本で、のぼりが13本とすくない。で、時間は2時間もかかる。3本だけある快速にのったって、10分から20分はやいだけだ。う~ん、岩手県ってひろいわ。

釜石線 時刻表(あきひこ)
△ 釜石線 時刻表(あきひこ)

ところで、いまこの釜石で鉄道展をやっとるっていう。

鉄道134年の変遷を紹介 - 釜石市郷土資料館鉄道展

三陸鉄道の全線復旧と釜石線のSL銀河運行を記念した「かまいしの鉄道」展は、釜石市郷土資料館でひらかれ、134年にわたる鉄路の変遷をパネルや資料で紹介しとる。

釜石市は1880年、にほんで3番めの鉄道「工部省鉱山寮釜石鉄道」が開通した歴史をもつ。この展覧会では、製鉄業と密接にかかわる釜石の鉄道史と、ひがしにほん地震で被害をうけた三陸鉄道の復活のあゆみを記録した資料70点を展示した。

旧釜石鉱山時代の鉄道員がきたはんてんや、1950年の釜石線全線開通記念乗車券、製鉄所専用鉄道の運行表など、めずらしい展示品が来場者の関心をあつめとる。

2014年5月12日まで。かようび休館(4月29日と5月むいかは開館し、翌日休館)。

2014.4.18 岩手日報

う~ん、にほんで3番めの鉄道が開通したのがこの釜石とはおどろきだ。


(さんこう)