読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近江牛と近江鉄道

きのう2014年12月15日、彦根まで近江牛をくいにいっただけど、いきかえりにのったりみたりした近江鉄道や近江バスのようすとあわせて、つぎに紹介する。

20141215_130121 彦根 - 米原いきふつう

◇            ◇

いきにJRのえきでみた近江鉄道

大垣からのったJR東海の電車が米原にとうちゃく。うしろをみると近江鉄道の米原のホームに電車がとまっとる。これが近江鉄道の看板電車だ。のってみたいきもちをおさえ、おりたホームのむかいにまっとったJR西日本の姫路いき新快速にのりかえ、彦根にむかう。

20141215_104548 JR米原のホームからみた近江鉄道米原

JR西日本琵琶湖線では米原のつぎが彦根だ。韋駄天(いだてん)新快速にとってはわけもなく、6.0キロのきょりをたったの5分でとうちゃく。フェンスをへだてた近江鉄道の彦根のホームにはやっぱり電車がとまっとる。よこっぱらに宣伝がいっぱいだ。

20141215_105534 JR彦根のホームからみた近江鉄道彦根

また、となりは車両基地になっとって、ほかにもいっぱい電車がとまっとるだけど、ほんなかにパトカー電車を発見。うん、たなべみくさんもおる、おる。とりあえず近江鉄道はこれで満足し、JRの彦根のかいさつをでて、えきまえにおりる。

20141215_105825 たなべみくさんのパトカー電車
20141215_105858 たなべみくさんのパトカー電車

彦根市内でのった近江バス

近江牛のみせは彦根ずいいちの繁華街である銀座にあるだけど、彦根のえきまえからはちょっときょりがある。うまいぐあいにちょうどえきまえからバスがでるとこで、しゅっぱつしかけのバスをとめて、とびのる。と、バスはビューンと発進、グイーンとかどをまがる。なんちゅうあらい運転だ。ただ、運転士さんはおこっとるようすもなく、おきゃくさんへの応対もふつうだ。安全が担保されるかぎり速度をあげるのが流儀か。

20141215_110633 彦根のまちなかをいく近江バス

ちょこっとはしって銀座にとうちゃく、げしゃ。こいで210円はちょっとたかい。

20141215_110858 彦根銀座に停車中の近江バス

近江牛

おりた銀座のバス停からほのままとおりをちょこっといったとこに、近江牛のみせはある。近江牛専門料理店千成亭(せんなりてい)だ。したは肉をうっとるとこで、料理をだしてくれるのは2階。こんだてはどれもなん千なん百円もするなかで、ひとつだけおねうちな、ってって、たかくなったうなどんぐらいのねだんはするだけど、なかではおねうちな千成亭和風ステーキ重を注文。いや~、くちんなかで肉がとけた~(^_^) 学生時代、たかねのはなだった千成亭の近江牛をついにくった瞬間だった。おおいに満足してみせをあとにする。

20141215 彦根銀座の千成亭
20141215 彦根銀座の千成亭
20141215 千成亭和風ステーキ重

かえりにのった近江鉄道

近江牛をくったあとは天気があめとなり、いってもいいな~っておもっとった、彦根のあたらしい市街地である南彦根駅周辺や、石田三成の居城だった佐和山城(さわやまじょう)の見学はとりやめにして、かえることに。彦根のえきまではあるいてかえる。バスの本数が1時間に1本で、ちょうど時間のあうバスがなかっただ。あるいても15分ぐらいだったか。

彦根のえきではちょうど近江鉄道の電車がでるとこで、米原まではこれでいくことに。JRの彦根のかいさつも面する橋上の東西自由通路からホームにおりたとこに、近江鉄道のひこねのかいさつはある。へんなの。きっぷをかうときにちょうどくるときに米原でもみえとった看板電車がとまっとって、期待がふくらんだだけど、かいさつをはいるやでてっちゃって、未練がましく駅員さんにきいたら、あれは回送でいまからでるのはこっちのきいろい電車だよとのこと。あー、まえにものった西武いろのやつだ。のっとるのは10人ぐらいだったか。みんなまえのほうにかたまっとる。ワンマン電車だで、運転士さんのおるほうにのっとらんとめんどうなだ。

20141215_130121 彦根 - 米原いきふつう
20141215_130015 彦根 - 米原いきふつう車内

彦根をしゅっぱつ。電車はとことことはしる。JR西日本琵琶湖線からみぎへおおきくはなれてトンネルをくぐる。このうえが佐和山城だ。

20141215_130409 米原いきふつう - 彦根鳥居本間トンネル
20141215_130533 米原いきふつう - 彦根鳥居本間

トンネルをぬけ、ひだりにまがりながら東海道新幹線をくぐると、さいしょの停車駅、鳥居本(とりいもと)につく。いきちがいの電車は多賀大社前(たがたいしゃまえ)いきだっただけど、これもこちらとおんなじ西武いろの電車だ。のっとったひとがここでごっそりおりる。

20141215_130607 米原いきふつう - 鳥居本
20141215_130619 米原いきふつう - 鳥居本

つぎがフジテック前。なんともわびしいえきだ。ほいでもここでふたりおりて、ひとりのってきた。もともとのっとったふたりとあわせて乗客は3人になる。あいかわらず電車はとことことすすむ。速度計をみるとせいぜい40キロだ。こいじゃあクルマにかてやへんぞ。線路状態もがたがただ。

20141215_130855 米原いきふつう - フジテック前

フジテック前からしばらくすすんで米原がちかづいたとこで、みちをこえるはしをわたるだけど、こっからは線路状態もよくなり、速度も60キロぐらいにあがった。じきに終点の米原にとうちゃく。東海道線にのりかえ、くにのまなか近江の地をあとにした。

20141215_131115 米原いきふつう - フジテック前米原間
20141215_131242 米原いきふつう - 米原とうちゃく

(さんこう)